画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

ほし-★★☆☆☆(微妙)

「ピクセル」

面白くない、って聞いててよかった。 じゃないと最後までみれなかったなるべく、なるべく考えないように いろいろなところに引っかからないように すべてスルーしてみなきゃいけないタイプの映画こういう、アメリカンな映画って 当のアメリカ人たちはどうみ…

「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」

うーん、あまりにも前評判通りの出来。たしかに、音楽はめちゃくちゃに良い 曲自体そのものより、歌詞が良いんだろうな。 ライブシーンの臨場感もかなりあるし、 「バンバン」というバンドを好きになれる (日本語で書くとどうしてもダサいバンド名だ…)全体…

「コードギアス 反逆のルルーシュ Ⅱ 叛道」

あぁ、Ⅰのときは、テレビアニメの映画化を どう評価すればいいのだろう、と思っていたけど はっきり言ってこれはひどい。アニメでじっくり描いてたときも、 それでも結構話が飛躍している感じがしていたのに、 もう、もはや何がなんだか、という感じ。 アニ…

「アンデッド・ウェディング 半ゾンビ人間とそのフィアンセ」

だめだ…。 これを、ある種のおもしろさを感じて、 あーばかだった、で終わらせられる人もいるのも、 そういう見方が正しい映画だってのもわかるけど…そもそも、あの男のこと本当に好きなの? 「結婚」がしたいだけの頭お花畑なだけじゃん とか思ってしまって…

「下妻物語」

むかーしむかし、こどものころ ちょうどロリィタという言葉を知ったあたり ロリィタの映画があるとどこかで知って それかちょうど公開された時期だったのかも でも確か原作を先に読んで、それから映画も見たはずだけど こんなにポップな、コメディ邦画、 当…

「エコエコアザラクⅡ BIRTH OF THE WIZARD」

お話が、良い意味でありきたり 実はすごい力を持ってて、逃げなきゃ、的な。前作と違ってミサがかわいい! と思ったら同一人物…?どうして…B級ホラー?としてはまぁまぁなのかもしれないけど そういうフィルターなしだとつまらない…というか、EDの聖月夜に持…

「暴力人間」

本当にフェイクなのか、映画なのか、 心配になるほどのフェイクドキュメンタリー なんだろ、すごい映像も作りも荒いんだけど だからこそリアルすぎて怖くなるそして随所にみられる白石節 台詞の感じとか、物語の暴力的な感じとか まさに原点って感じがするエ…

「ヴィジット」

怖さの系統はサイコブレイクだなぁと思っていたら やっぱり精神病患者! でもその上のオチに普通に驚いてしまった… 有りがちなのに…気づけないなんて 有りがちすぎて無意識に除外してたのかなでも映画として微妙 話の展開が少し遅いし、 画面の色味が最初か…

「インシディアス 第2章」

ホラーというか、 冒険ファンタジー映画をみてるみたい 怖くないし、話広げすぎてるし あと緊迫感がない結局なにがどうなったの? いやわかるけども…ぜんぜんおもしろくないこのシリーズやたらと高評価なイメージだったけど ホラー映画を好きじゃない人がみ…

「気狂いピエロ」

アートで、文学を取り込んでいて、 おしゃれで、ただそれだけ物語も完全には追えてないただ2人がいて、死んだフランス映画は合わなぁいもっと色んなことを、 引用されてる本や、その他、いろんなことを、知っていれば もっと楽しめるのかもしれない____…

「第9地区」

なにこの疲れる映画! やたらと細かい設定を盛り込もうとし過ぎてて 説明が長すぎる… それでいて、そんな終わり?人種差別云々の映画だと言われてて 確かに、自分がもしエイリアン(の立場)だったら、 と考えるとこわいけど…エイリアンは…さすがに…うーんとに…

「RONIN」

何かが明らかになることなく… 始まりから終わりまで ただ奪い合って、殺しあって、終わり、みたいな 特に何かが派手なわけでも 超かっこいいわけでもなく…カーアクションが好きなら合うのかも_________________2.5/3.0 監督:ジョン・フラ…

「インシディアス」

うーーん期待はずれ! 物語も、演出も、オチも、特に目新しいものはなく、 ごくふつーのホラー、って感じ…よくあるように、引越しがきっかけで色々起き始めて よくあるように、旦那さんは全然気にしてくれなくて よくあるように、霊能力とかそういう人を呼ん…

「カニバル」

この映画、売り出すところ間違えてない? 初めて獲物を愛した…ではなくて 初めて本当に人を愛した…とか… 人食は隠した方が映画として面白い気がする わかっててこのストーリーはちょっと… どの層向けなの?って感じ 私のようなグロ好き層にも、純愛好きにも…

「ディスコード」

設定は新しいかもしれないけど 映画としてつまんない… ぜんぜん引き込まれることなく終了 でも床下に誰かいるのはこわい オチも、無理矢理というか…_________________2.0/5.0 監督:ニコラス・マッカーシー 2012年のアメリカ映画

「闇の子供たち」

題材はおもしろいし テーマ的にもたいせつなお話だと思うけど 映画としてつまらなさすぎる こんないかにも日本映画的な映画だと 伝わるものも伝わらない… もっともっと淡々と 鬱々とした映画の方が合うような… 大衆的ではないけど… 大衆がこれを好むのかどう…

「キャビン」

こんな展開になるなんて… というか、こんなSF?なお話だなんて… もっとこってこてのホラーかと思っていた… でも見終わってからみると、 ちゃんとジャケットがそのまんま。全体的に画面が暗すぎて 全く何が何やらでした。 とにかく世界は滅ぶらしい。後半の怪…

「パラノーマルアクティビティ」

怖いとかどうとかよりも 彼氏うざい!もし悪魔祓いができる博士に連絡がついていたら どうにかなったのだろうか…無理そうだけど。 というかこれ悪魔ものの映画だとは思ってなかった まぁ海外だと霊=悪魔か?面白くなくはないけど…という感じ________…

「リング2」

あれ? 全然話がわからない… あらすじとか読んでも わかるようでわからない…そもそも登場人物が多すぎる! 人の名前がわからない…水に力を封じ込れば何とかなるんじゃないか、 まではまぁまぁわかるけど そっから…?… お父さん最強ってこと? 前作で普通に殺…

「戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-01 恐怖降臨!コックリさん」

どうやら前シリーズのコワすぎ!とは 世界線が違うとのことの、超コワすぎ! コワすぎの最終章だけまだみれていないの…いつもの工藤D、市川さん、田代さん それ以上でも以下でもない いつものコワすぎ 微妙に想像してない話の展開も 相変わらずこのシリーズ…

「仄暗い水の底から」

母親が強いホラーはよくあるけど これはどちらかというと弱い母親像かな 最後は娘をまもるわけだけど 頼りなさというか、うーん、弱いけどやっぱり名作ホラーはすごいね 突然に驚かせることなく、ひっそりと居る感じ 最後にしか出てこないでもラストの再会は…

「私を離さないで」

もっとどろどろした、好みのものかと思ったら さわやかというか何というか 恋愛恋愛している…テーマは深いんだけど…妙な現実感の無さがずっとある。 この映画の世界にうまく没入できなくて どの登場人物にも感情移入できず生ってなに? なんのために生きてる…

「スーサイド・ショップ」

なぁんか、腑に落ちない結局、最後の歌がすべてで それまでは全部前振りな… そりゃあ物語って大半はそうだけど… それにしても腑に落ちない どこでどうそういう考えになったの…?あるぇー。歌はどれも、可愛くて良い感じ覗きのシーンは要るの?色々と理解でき…

「エクトプラズム 怨霊の棲む家」

よくある呪いの家モノ…? つまらないわけでもなく 面白いわけでもなく…あの全身文字だらけの姿はやばい かわいいうーーん… あまり集中してみてなかったのもあるけど うーん、という感じ…驚かせよう!という感じではなく すっと、あれ今居た!?くらいの表現…

「ヒミズ」

所詮青春モノ、という感じ… 誰にも感情移入できず なんだかよくわからずもっと、暗く、暗く、 突き詰めて暗く描けばもう少し好みかもしれないけど なんだか妙な違和感 と思って調べたら、原作の漫画はもう少し暗いらしい? でも読む気が起きるほど興味もない…

「アンノウン」

言葉の通じない異国で ひとりになったり、事故にあったり こわーい、って話かと思ったら 全然違う方向へシフト…これって、主人公が記憶障害で、身分証も無いって前提なら あとのストーリーはどうにでもなるんじゃ、と思ってからは なんかもう後付けの寄せ集…

「人生に乾杯!」

うーん? 思ってたのと違った…? もっと破茶滅茶系かと思ってたら しんみり…ってほどでもなく、 このなんとも言えない感じ。2人はいいひとで、社会に爪痕をのこして よかったよかった、めでたしめでたし、なの?実際的にハンガリーの歴史云々があるんだとし…

「ヘンゼルとグレーテル おそろし森の魔女」

なかみのない、よくあるホラー。笑リリスかわいそう… リリスのキャラはいいと思う! 最初はにこにこ。かわいい。かわいそう。というかまず、なんで森に罠が仕掛けてあるの?笑 リリスが仕掛けたにしてもさぁ…オチも、なんともまぁ予想通りな… ほんとになかみ…

「怪物 モンスター」

ずっしり濃厚の美ホラーもいいけど こういうわけわかんないやつも好き。これ単体の映画というか これに続編があるか 或いは作品がヒットしたあとの「ゼロ」系作品っぽい この後の映画が面白そう…みてみたい!そんな予算というか、動きは全く無いだろうけど!…

「あるいは裏切りという名の犬」

この邦題のような格好いい感じではなく もうひたすらに地味な映画だとわかっていたけど やっぱり地味だった 良い意味でも悪い意味でも少し予想外だったのが こんなに登場人物の多い映画だなんて… 人の顔も名前もさっぱり覚えられない私には 本当に大変な映画…