画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

国-イタリア

「宇宙人王さんとの遭遇」

これはいいエンド!!通訳のお仕事を主人公にするのも面白いし その相手が宇宙人(中国語)というのもとても面白い 実際の、人間相手の尋問もあんな感じなんだろうな もう少し違う質問をしたら?とは思うけど 特に助長には感じなかったその無意味に感じられる…

「気狂いピエロ」

アートで、文学を取り込んでいて、 おしゃれで、ただそれだけ物語も完全には追えてないただ2人がいて、死んだフランス映画は合わなぁいもっと色んなことを、 引用されてる本や、その他、いろんなことを、知っていれば もっと楽しめるのかもしれない____…