画面の向こうの、

観終わったときに書くところ。ネタバレがあったりします。

年-1997年

「ヘラクレス」

キングダムハーツシリーズで あまりにもお馴染みのワールド、オリンポスコロシアム その原作のヘラクレスをちっともみたことがなくて やっと重い腰をあげて視聴だって筋肉隆々みたいなあの見た目、 私がみたくなるはずが無いもの! メガラとハデスはとても魅…

「私がこわされるとき」

こわーい。 けど、実に、よくありがちな話な気がする。 もちろん日本では少なくとも銃撃には遭わないけど 孫を自分のものにしたい、何でも思い通りにしたい そういう話はほんとによく聞く。 「うちは大丈夫」と思っている男性陣にこそ 是非みてもらいたい。 …

「フィフス・エレメント」

独特の世界観… 未来のはずなのにちゃちい船とかボタンで でも車は普通に飛んでて みんな変な素敵な服装で 宇宙の行き来とかも普通で。 SFと言えばそれまでだけど… ちゃちさが重要で…それがとても好き。ものすごく凝った話というわけではないけど すっきりし…

「暴力人間」

本当にフェイクなのか、映画なのか、 心配になるほどのフェイクドキュメンタリー なんだろ、すごい映像も作りも荒いんだけど だからこそリアルすぎて怖くなるそして随所にみられる白石節 台詞の感じとか、物語の暴力的な感じとか まさに原点って感じがするエ…

「HANA-BI」

ほんっとーに私は 絶対に終わりが死でしかない恋愛ものに弱い なにこれ…!もう!シュークリームもショートケーキも取って、 苺だけあげるシーンとか トランプの絵柄当てして遊んでるシーンとか やばいでも絶対、特に北野映画なんて、どうしたって死で うわー…

「タイタニック」

タイタニック、弱いわぁ 子供のときにみて大泣きした記憶 いまみても、弱い…泣かないけど…たくさんの人、逃げ惑う人 冷たい冷たい海に落ちて あちこちぶつけられながら落ちて 演奏家たちはずっと演奏を続けて… 気を紛らわすためにはそれしかなくて、 それが…

「ファニー・ゲーム」

私が鬱映画と呼ばれているのに求めるものは 被害者の強烈な心理描写かあるいは 加害者が楽しんでるかどうか、 つまり私の好みかどうかなんだけど これはどっちも満たされてない感じ。鬱映画…と言われれば 理不尽だし救いはないし、 一般的にはそうなんだろう…

「CUBE」

幼い頃テレビで偶然みた映画なんだけど 当時途中からみたから題名がわからないまま 断片的な映像の記憶だけがあって 最近ようやく調べてタイトルが発覚。いま思うと、私はあんな幼い頃から 無意識的にこういう映画をみてたのよね…笑でも記憶ほどグロ映画じゃ…