画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「ソウ ザ・ファイナル」

えー、これで終わり?
こんなに長々とやっといて?
なんだかなぁー…

ゴードン先生が生きてるのは
なんとなく予想ついてたし
(出てきた瞬間は誰?だったけど)
それよりも他の2人の豚お面は誰?

だいたいホフマンが奮闘してる様をみても
まったく面白くないんだよなぁ。
死体が犯人っていう1と同じ手法は良いとしても
ただのマーダーなホフマンがやると
すっごくダサく思えてしまう。笑

奥さんには頑張って欲しかったけど、
奥さんで初めて顎砕きが動いたね。笑

でもどうやら劇場では3Dだったみたいで
(というかタイトルからしてだけど)
「あぁここで飛び出るんだろうなぁ」
っていうわかりやすーいシーンが多くて…
良いんだか悪いんだか。
そういえば最後だからか珍しくOPもあったね

うーーん。
そりゃあこれじゃあ、
「SAWは1だけで良かった」って言われるわ。
私は「SAWは3まで」派です。笑

_________________

2.0/5.0
監督:ケヴィン・グルタード
2010年のアメリカ映画