画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「MAMA」

なんとなく直感で
絶対好きな話だ、とは思ってたけど
ああ…

登場人物全員の気持ちが伝わりすぎて
最初から最後まで切ない…つらい

私所謂鬱系とかぜんぜん平気な方だけど
これは…「ダンサー~」並にクる…。

霊的な存在がおおっぴらに出て来るから
そういうので笑っちゃう、っていう
かわいそうな人には向かないだろうけど
うーんこれは良過ぎる

リリーは幼かった分、
MAMAをより母と思っちゃったんだろうな
ヴィクトリアはだんだん違うんだって判って
アナベルは最初は彼氏のためだったけど
だんだん母性が芽生えていって
MAMAもせめて子供と死ねてたら
あぁ…せつない

映像も、なんとなくパンズラビリンスみたいで…
って思ったら製作総指揮がギレルモデルトロ!
子守唄の使い方もなんとなく似てる気がする、
とは思ってたけど、本当にそうだったとは。
あぁ…世界観とかがツボすぎる

世界観といえば登場人物のみた目も
主人公のアナベルはゴスパンな感じでツボだし…
絶対またみよーっと。

_________________

4.8/5.0
監督:アンディ・ムスキエティ
2013年のカナダ、スペイン映画