画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「ダ・ヴィンチ・コード」


うーん、
宗教に関わってない日本人には難しい映画ね
ややこしい

でもだからって何かこう
うーん、という感じだし…
これを「面白い」と思うひとは
宗教やら芸術やらに詳しいひとでは

そういった部分なしで、
単に宝探しモノだとしても、
誰が裏切り者なのか、
なんとなくわかっちゃうし…

情報量は確かに多いけど
ストーリーとしてみれば、長すぎるし
情報量で言うならもっと描くべきだろうし
原作は小説みたいだし、
小説を映画化って難しいよね、という感じ。

うーん…笑
こういう映画って、なんだか逆に
「私が悪かったの?」って思ってしまうわ
ちゃんとみれば面白いの?って…
ちゃんとみてたんだけどなぁ…笑

_________________

1.0/5.0
監督:ロン・ハワード
2006年のアメリカ映画