画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「屋敷女」

凄すぎと有名で
実際凄すぎてラストは真っ黒塗りつぶし。

すっごく個人的に気に入らないのが
どっちの主人公も可愛くないこと。
特にやる側がもっと可愛ければ
5点も狙えそうなえげつないストーリー
だけど全体通してぜんっぜん喋らないし
なんだかあまり感情移入出来ないのです。

あと、実際あんな状況に陥ったら
最初の一撃の時点で
ショック死すると思うの、赤ちゃん。
なのにあんなに色々…

ホラー映画って、ひとのからだが
とっても軟らかい映画と
とっても元気(硬いと言うか)な映画があるけど
これは完全に人が元気な映画だと思うわ。
だからこそ傷がツクリモノすぎるのが残念
何度も何度も映るからね。お顔の傷が…。

お話が凄いからこそ
あれこれ突っ込んでしまう、そんな映画。

まぁともかく妊婦さんはみちゃいけないわね。

これを書きながら
珍しくオーディオコメンタリーを
飛ばし飛ばし聞いてたけど
これってやっぱりハッピーエンドよね?
曰く、監督はそうだと思ってるんだって。
実際私もそんなにバッドエンド感が無い…
どうも違和感を感じてたんだけど、
なんだかすっきりしたわ。笑

_________________

3.5/5.0
監督:ジュリアン・モーリー
   アレクサンドル・バスティロ
2007年のフランス映画