画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「ディア・ドクター」

現実のそこらにありそうで、
現実では絶対あり得なさそうなお話

嘘を突き通すのが辛くて
それでも約束は破りたくなくて
全てを捨てるっていうのが
強さでもあって弱さでもあって
ほんっとに切ない
彼がどんな思いだったのか、っていう答えは
本当に万人には万人に、違う答えがありそう

でもオチがなぁ…
そう思う映画ではよく
もし自分がこの映画の監督だったら、
って考えるけど
この映画はその答えもみつからない感じ
でもなんだかぱっとしない終わり方
フェードアウトじゃだめだったのかな。

でもゆったりとした温度が
なんともいえない日本らしさがあって
夏にぴったりな映画。

_________________

3.3/5.0
監督:西川美和
2009年の日本映画