画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「ファニー・ゲーム」

私が鬱映画と呼ばれているのに求めるものは
被害者の強烈な心理描写かあるいは
加害者が楽しんでるかどうか、
つまり私の好みかどうかなんだけど
これはどっちも満たされてない感じ。

鬱映画…と言われれば
理不尽だし救いはないし、
一般的にはそうなんだろうけど。

してる側がなーもう少し私好みなら…。
でもまさかの巻戻しと、
今で言うメタ発言は素直に面白い。

あと子供が死んだあとの、
かなり長い沈黙のシーン。
変に泣き顔アップとかじゃないのも、良い。

でも話が大きく広がるわけでも
さほど嗜虐を楽しんでるわけでもないから
全体通すとちょっとつまんない。
私にとっては期待外れだったわ。

_________________

2.9/5.0
監督:ミヒャエル・ハケネ
1997年のオーストラリア映画