画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「天国と地獄」

もんのすごく古い映画で
私は割と最近の映画ばっかりみるから
その辺でどうかな、と思っていたけど、全然!

ただ私ミステリー?と呼ぶのかどうか、
犯人探しのお話って苦手で
その辺はいまいち集中しきれなかったけど
でも複雑なお話じゃなくて
単純明快なお話でこの分厚さ。
それでラストがもう、ほんと…
演技はすごいしキャラは良いし、すごく好き

画面構図が云々とかはよくわからないけど
なんとなくハッとさせられる画だし
最近よくあるぼそぼそ喋る日本映画と違って
ずっと聞き取りやすくて(当然だけど!)
(なんで最近のはあんなぼそぼそ喋るのか…)
喋る人物と黙る人物がはっきりしていて
なんだか舞台をみている感じ。

すごく好き、というわけではないけど
なるほど傑作といわれるわけです。

_________________

3.3/5.0
監督:黒澤明
1963年の日本映画