画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「肉」

ゆっくり丁寧に描かれるカニバリズムもの
でもよくある好きな人を食べるとか
そういう話じゃなくて、一族もので
もうその時点でツボ。

儀式?伝統と言っていたけど
それが断食のあとに人肉食するというもので
本当は母が行うはずだったんだけど死んで
長女がやることに。
でも妹と2人でそれを嫌がって
でもしなきゃいけない、みたいな
もうそんなの素敵すぎるし好きすぎる

なんでその伝統を守らないといけないのか
明かされないままなのが残念だけど
(神が…とか言ってるし、
一族の信仰なんだろうけど)
とにかくじっくりした雰囲気に、ラスト!
ほんっと…もう…

あぁこれから3人はどうなってしまうのか…
いろいろ夢ふくらむ。

ひとつ大きく残念なのが、邦題
これほんと酷いとおもうわ…
この邦題からエログロを想像したっていう
レビューで低評価がいくつあるか…
原題「We are what we are」
ああ。

_________________

4.0/5.0
監督:ジム・ミックル
2014年のアメリカ映画