画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「ソナチネ」

あぁ、
私の好きな「ほのぼの日常もの」!

人間紙相撲だったり、
弾のないロシアンルーレットもどき、
お風呂が浴びれないから雨を、
と思って泡泡になったとたんやむ雨。
まさにほのぼの日常

でもきちんと、人は死ぬし、殺すし。
沖縄の、あおいろの空と海と血のいろ。

ラスト、死ぬのもすごく良い。
みんなが死んでいって…
でも、意味は無いんだろう。

どうせならもう一度、
夏の晴れた日にみたいなぁ


_________________

4.0/5.0
監督:北野武
1993年の日本映画