画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「椿三十郎」

これなんで知ったのか忘れたけど
こんなコミカルな映画だったなんて!
もっとこう、暗いイメージ持ってた

モノクロで、古くて、っていうと
私もそうだけど、
なかなか手を出し辛い感じがするけど
これはかなりみやすいんじゃないかなぁ…

とても好き!とか
物凄い映画!とかではない
(とかいうと怒られそうだ)けど、
日常的にみるのにすごく良い感じ。
長さも丁度良いしね。

これの前編?というか、
これが後から作られただけだけど、の
「用心棒」もいつかみてみたいかも。

_________________

3.8/5.0
監督:黒澤明
1962年の日本映画