画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版」

もうほんとぶっとんでる

正直、探せば
似たようなぶっ飛び方してる映画は
もううんざりするほどあると思うけど
ここまで丁寧に作り込まれてて、
本気でやってる…うーん白石さんは本当すごい

今回は、きっれーいに今までの伏線回収!
そして、いつも通りのまさかのラスト
こんなの、ラストが気にならない訳がない!

あの呪具が体内に入ったところは本当に笑った

すっごくどうでも良いけど、
アイドルとして登場してる小明wiki
すっごい壮絶な家庭環境で笑っちゃった

_________________

2.7/5.0
監督:白石晃士
2014年の日本映画