画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「セッション」

えーー
私、彼が出演してるってときからずっと
どうせOZみたいな感じになると
ずっと思ってたけど、まさに!
というか、OZをみて、
この映画を作ったんじゃ?ってくらい
ずっとOZのシリンガーだった。
あの甘やかしては痛めつけるやりかたとか…

私はずっと昔にピアノをならっていて
規模というか、レベルは違えど
なんだかすごく昔を思い出したわ
自分の弾いてるモノは変わらないのに
遅いだの速いだの良いだの悪いだの言われて…
どんなレベルであろうと変わらないんだなって

ブラックスワンのドラムバージョンとも言える
あれはファンタジーというか、幻覚だったけど
こちらは現実的な、という感じが相違点かな

良い映画、かもしれないけど、
そこまで…という感じもするし…
コレだったらOZの方が好きというか…

起承転結といえば、ラスト。
OZでのラストはシリンガーが先に退場したけど
こちらはなんとも言えない…
OZのようにずっと苛め合いをしてる気もするし
ドラムを辞める気もする。

うーーん
ある意味期待通りだったというか。
OZを知っちゃってるからかな。
期待を裏切ってほしかったところ。

_________________

3.3/5.0
監督:デイモミアン・チャゼル
2015年のアメリカ映画