画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「ノスフェラトゥ」

映画としてはつまんないけど
映像としてはみて良かった!
絵的にはかなり私好みな吸血鬼モノ

多分舞台設定が好みなのよね
ペストを恐れている時代
伯爵も、今時の、やたら美形とかじゃなく
どちらかというと気持ち悪い感じの
孤独な孤独ないきもの。
殺し方もちょっと変わってて素敵。

でもどーも全体としてつまらないというか…
誰か曰く、女優さんの美しさをみる映画らしい
確かに美しいけれども。ドレスも含めて。

暗い冷たい感じはすごく良いんだけど
でもそれだけの映画。それが良い映画。

あんまり聞いてなかったんだけど
旦那さんが吸血鬼になるって、
どうしてあのタイミングで気付いたのかしら

_________________

2.7/5.0
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
1987年の西ドイツ、フランス映画