画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「羊たちの沈黙」

あら?
確かにドクター・レクターは素敵だけど
なんだか思っていたのと違う…あっさり。
ごくごく、あっさり。
内容としては薄っぺらい気がする…

…あら?私の理解力がないだけ?
…そんなまさか…
有名で、何かと名を聞く、
特に私の好きなひとの口から名を聞く作品は
つい「もっと深い意味が」と思ってしまうけど
どー考えたってそんな深い意味は無いし…

まぁ、よくよく考えてみれば
鬱系とか、胸糞系とは言われてないし
主人公が事件を解いていく系の映画としては
まぁ面白い方だとは思う。
そういうのが苦手な私でもそう思うんだから。

ぎりぎりまで貼られる伏線、
そしてラストのちょっとしたオチ

まぁ、狡猾な、大胆なきっちーさんというのは
やっぱり可愛いもので。
こちらも名は良く聞いてたけど、
続き物だとは知らなかった「ハンニバル
この調子だと、楽しみだなー。

_________________

3.3/5.0
監督:ジョナサン・デミ
1990年のアメリカ映画