画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「2000人の狂人」

だ、騙された…
騙されたというか、なんというか。笑

いま、辿り着いた町が実は…
な作品なんて駄作から名作まで色々あるけど
そういうスプラッター系の先駆けでは
と言われてる作品だけあって
チープはチープだけど
やってることは酷い!笑
あの樽のやつとか…恐ろしいぃ~

で、ごくふつーに
南北戦争に負けた町人の復讐かと思ったら
なんというか二重ホラーというか。笑

あと町人がみんなすごく楽しそうなのも
かわいいというか、すごいというか、
でもオチを考えると、切ない気もして
人気作品なだけあって楽しくみられる映画
こういうテイスト、ノリの映画はとても好き。
_________________

3.4/5.0
監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス
1964年のアメリカ映画