画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「ウォルト・ディズニーの約束」

あぁ、邦題のダメさ加減!!
全編通してみた、まず感想はコレ。
このタイトルじゃウォルトが主人公かと思う。
実際私は、ウォルトがいかに
どうやって原作者を納得させるか苦悩したか、
そういう趣旨の映画だと思っていた。
実際は全くの逆。
いえ、確かに劇中ウォルトは苦悩しているけど
この映画は、パメラ・トレヴァースのお話。
原題「Saving Mr.Banks」

事実をもとにしている、とは言うものの、
私はメリーポピンズの原作を読んでないし
この映画自体も、どこまでが事実怪しいけど
かなり、かなり良い映画だと思う
反面、美化されているんだろうなぁという印象

…あぁ、映画としてみれば
もうさすがディズニー、完璧!
なのに、死後の原作者がこの映画をみたら、
という気持ちを考えると素直に喜べない。
そんな二極化の感情があって、難しい…

でもあの映画「メリーポピンズ」が
どうして父に焦点を置かれているのか、
とかそういうことがわかって、
またそれを現在の話と幼少の記憶を交互に流す
っていうなんともずるい仕上がりで。
あぁでもきっと原作者がみたら…

その繰り返し。笑
ともかくこの映画スタッフには感服です。
演者も、演出も、脚本も、色彩も。
だけど原作者の気持ち考えてしまう。
ので、足して割ってこの点数

_________________

3.6/5.0
2013年のディズニー映画
監督:ジョン・リー・ハンコック