画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「氷の微笑」

女版、ハンニバルレクター博士
と言いたいところだけど
なんかもう全然

なんだろう、ラブロマンスに慣れてて
サスペンスに慣れてると面白いのだろうか。
私はやはり、犯人が誰か考えながらみるのが
苦手というか、嫌いというか…

結局何がどういう話だったの?
2人の心理学を学んだ女性に振り回される男の物語?
それにしても、それはそれで微妙というか…

確かコレ、予告をみて、評判をみて
まぁ面白くなくても
美人悪女映画なら好いわ、と思って…
でも好みの美人悪女でもなかったし!
ずっとあの取調べのシーンのテイストなら良かったのに

_________________

2.5/5.0
監督:ポール・ヴァーホーヴェン
1992年のアメリカ映画