画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「トレインスポッティング」

もっとドラッグ鬱ものかと思ったら、
さわやか……さわやか?ポップ?軽い感じ
でも最初から最後まで抜け出せないのは
どろどろ鬱モノとある種同じかも。

青春モノって書かれてるから、そうなのかも。
どおりではまれないわけです

やたらと高評価されてるけど
そこまでか…?
この内容でさらっと描いてさわやかに終わる
その感じは確かにすごいのかもしれないけど…

そもそもメインの人物が5人の時点で…かな…

みた後なにも残らない、彼らの人生、半生みたいに。

_________________

3.0/5.0
監督:ダニー・ボイル
1996年のイギリス映画