画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「処刑人」

やぁ、面白かった
デスノートのノートが無い版みたいな、
悪い奴らは殺そうぜっていうお話なんだけど
会話なりシーンなり、コミカルで…

映画の影響でロープ持って行きたがったり、
そのロープに絡まったのが功を制したり、
可哀想に、猫が被害にあっちゃったり、
FBIの冴えすぎてる推理だったり…

冴えすぎてて、犯人がわかるんだけども
悪人だけを殺す彼らは悪か?っていう
大きなテーマに繋がって…
それでも殺人はよくない!お前らは法で裁く!
といいつつ自分もそいつらを手にかける、或いは法で裁く
みたいなよくある(?)話ではなくて、
それを肯定するのがおもしろい。
しかもラストの街頭インタビューがまた効いてる

あぁ…人のレビューをみたら、
どうも腐受けするらしい
なるほど…

人が多くてごちゃごちゃ…にもならず、
テンポもいいし、非のつけどころがない
こういう会話の、テンションのものはすごく好き

_________________

4.2/5.0
監督:トロイ・ダフィー
1999年のアメリカ映画