画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「気狂いピエロ」

アートで、文学を取り込んでいて、
おしゃれで、ただそれだけ

物語も完全には追えてない

ただ2人がいて、死んだ

フランス映画は合わなぁい

もっと色んなことを、
引用されてる本や、その他、いろんなことを、知っていれば
もっと楽しめるのかもしれない

_________________

2.0/5.0
監督:ジャン=リュック・ゴダール
1965年のフランス、イタリア映画