画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「リリーのすべて」

実話をもとにしてるのね…きれいなお話、人。

性を取り扱ってはいるけど、
いまでいう「同性愛」みたいに、
無闇矢鱈と美化して、なんだか気持ち悪い感じではなくて
きちんと向かって行っている、そんな映画
ゲルダの性格が強く出ているのかもしれない

夫が女性になることを望んで、
それも、そこからゲルダを愛し続けるわけではない
女性の同性愛の話ではない

なんとなく、Avengerを思い出す
あれはロボットと女の子の話で
もしかしたら来世は親子として生きるかもしれない

ゲルダとリリーも、もしかしたら、
今頃にはどこかで…

絵も、風景も、服装も、人も、お話も、美しい映画
_________________

4.0/5.0
監督:トム・フーパー
2015年のアメリカ映画