画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「エクソシスト ディレクターズカット版」

私、エクソシストモノのホラーが一番好きなはずなのに
どうしていままでみてなかったのか…
と考えたら、多分、
あのこわいシーンだけのイメージがあって
だから昔の悪い部分が強く出てる、グロ映画かと思ってて…
全然正統派な、名作と言われ続ける通りの良い映画でした

ストーリーのテンポが良くて、
かつハッピーエンドで、
悪魔の形相や行動がとても怖い。
下品な言葉が本当に下品

まぁ、ラストエクソシズム2の
あのどろどろと、あんな終わり方が好きな私には
少しあっさりしていて、好き!ってほどではないかな
その割に長くて少し疲れたかも

イヤホンでみてたからかも知れないけど
音の使い方がこわい
うねりの声を次のシーンまで少し引きずるシーンがツボ
現実に鳴ってる声なのか?と思わせられる

にしても、あんなお屋敷に住みたい…

_________________

3.5/5.0
監督:ウィリアム・フリードキン
1973年(ただしディレクターズカット版は版は2000年)
アメリカ映画