画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「フィフス・エレメント」

独特の世界観…
未来のはずなのにちゃちい船とかボタンで
でも車は普通に飛んでて
みんな変な素敵な服装で
宇宙の行き来とかも普通で。
SFと言えばそれまでだけど…
ちゃちさが重要で…それがとても好き。

ものすごく凝った話というわけではないけど
すっきりしてて見易いし
どのキャラクターも魅力的

少し長いし展開が早いぶん疲れるけど
いちいちどのシーンもコミカルで面白い

いちおしはやっぱり社長とラジオDJ…
あのラジオDJの人すごくない?
どうしてあんなに喋れるんだ…
社長はなんだか哀しい人な感じがする

そのうちまた見るかも、な映画

_________________

3.8/5.0
監督:リュック・ベッソン
1997年のフランス、アメリカ映画