画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「マシニスト」

なんて怖いお化け屋敷なんだ…!
と思っていたら…あぁ…

幻覚・妄想ものの映画は色々ある(と思う)けど
これはほんとに恐ろしい…
視覚的な表現がうまいのかな
血を流す冷蔵庫とか…

タバコの火をつける、
マリアとニコラスという名前、
1年前、1時30分

序盤から、あぁこれ妄想モノの映画なんだー
とは思ってみてたし、
あれもこれも伏線なんだろうとわかっていたのに
お化け屋敷のシーンも妄想だとは…こわい…

スティービーもだけど、ミラーが本当にいい人なのに、
信じられなくなる表現の仕方が恐ろしく、リアル。

妄想がひどくなる前、序盤からずっと
シーンの変わり方が不自然で、
それをなんだか難しい映画だとしか思ってなかったけど
監督がかなり意図してやってるんだろうな。
まんまと手法に引っかかりました。
(あんまり謎解き考えながら見るタイプじゃないのもあるが)

主人公を演じた人は、もともとこういう体型な訳ではなく
何キロだったか…かなり減量しての撮影だったそう。
序盤はその見た目の強調必要か?とも思ったけど
映画が進むにつれその見た目そのものも
本当に異常そうな、際立つ、恐ろしさがあって…

最後でやっと地獄ではなく救済へ行けて
そこでやっと「眠りたい」と言うのが…
もうなんか切ない。
あの白い廊下も、もしかしたら、
あんなに綺麗じゃないのかもしれない
寝て、目覚めたときにやっと正しい景色が見える気がする。

_________________

4.0/5.0
監督:ブラッド・アンダーソン
2004年のスペイン、アメリカ映画