画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」

ロック、パンク、
これぞまさに生き様

劇中殆ど会話らしい会話シーンが無く、
殆ど音楽で語られるヘドウィグの半生。
キャッチーでロックな音楽と
素晴らしい歌声に演技、
カラフルで滅茶苦茶で素敵な衣装が彩る

映画というよりかは、ひとつのライブ、という風な感じで
もともとが舞台上のミュージカルな影響もあるのかも。
映画っぽくないという印象もあるけど
これぞ映画という感じもする
少なくとも分かり易い映画では無いかな。

なんというか、
とてもおもしろいわけでは無いんだけど
絶対みたほうが良い

_________________

3.8/5.0
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
2001年のアメリカ映画