画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「トイ・ストーリー3」

これはすごい
シリーズ物の良さ、というのが
この映画ほど出ている映画はそう無いんじゃないかしら

アンディが大人になってしまって、
遊んでもらえなくなったおもちゃたち

ゴミ行きか、天井裏行きか。
ウッディだけは行き先に連れて行ってもらえる妬み。
保育園という場所を知り、行ってみるものの
謀られ、大変な目に遭い、
その状況を知ったウッディは当然に助けに行く。
助かったかと思いきや、死を覚悟する場面…
そこからの助かり方もまた素晴らしく、
そしてラストの、一体一体を説明するシーン

非の打ち所が無いとはまさにこのこと!
次々に起こる物事すべてに
どうなるんだろう、という気持ちが持てるし
とにかく、おもしろい…

これで終わらせておけば良いのに、
どうして4なんか作っちゃうのかしら!

_________________
4.5/5.0
2010年のディズニーピクサー映画
監督:リー・アンクリッチ