画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「龍三と七人の子分たち」

ヤクザおじいちゃんたちの、最後の青春

北野さんらしい、ブラックユーモアたっぷり!
でも北野さんらしいしっとりさはあって、
五月蝿く無いギャグ映画という感じ

マッサージ中に取れる付け指
テープを剥がし忘れた車
5ー5って指示が5-3にみえる指
他にも沢山すぎるくらい沢山

そして、
はいもう終わりー!って感じで止めに入る警察
そして終わる映画

このブラックさ、とても好き

_________________

3.4/5.0
監督:北野武
2015年の日本映画