画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」

低予算映画やモキュメンタリー映画
どちらのジャンルの走りでもある映画だと認識してたけど
本当にすごい

基本的に森の中で迷子になり続けるだけの
もう明らかに低予算だし、場面映えしない
なのに、でも、怖ろしいし、ラストはぞっとするし
物語の冒頭で3人の結末が明かされてるのに
どうなるんだろう?という気持ちをずっと持ってみられる

海外のホラーは、幽霊が姿を現しすぎる、とか
派手すぎて怖くないとかいう感想をよくみるから
その点この映画は日本的な怖さのホラーな気がする

結局起こる現象が何なのか、魔女がどんな人物なのか、
なにも明かされない

特典映像に、この事件の関係者へのインタビューや
事件のことをまとめた映像が収録されてて
ここでブレアウィッチについても少しわかったり、
もちろんリアルさも増しててとても面白い。そして怖い。
(そもそも特典映像があるDVDはとても嬉しい)
ただこの特典映像は、あくまで特典映像という感じで
映画は映画で完成されてて、あると面白いけど、無くても面白い

日本の呪いも好きだけど、海外の魔女の呪いも好き
魔女関連で死霊館がみたくなってきたわ…

さっき、日本的なのかも?と書いたのに、
多くのレビューの点数の低さは何なの!
1すら散見される…嘘でしょう…

_________________

3.7/5.0
監督:ダニエル・マイリック、エドゥアルド・サンチェス
1999年のアメリカ映画