画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「マジカル・ガール」

パッケージとイメージが全然ちがう…
勝手なイメージでは、魔法少女が殺人しちゃうみたいな
安っぽいホラーだったんだけど、もう全然違う…笑
レビューとかを少しでもみれば違うってわかったものを、
よくも、少しも前情報無しでみれたものだわ。

静かに丁寧に描かれる、バッドエンドもの。
と言えばよくありそうな映画だし
ストーリー自体をざっと書いたとしても
よくありそうな感じなのかもしれない
でも、何があったのか明かされない
明かされないまま終わり、何も残らない

けして説明不足とかそういうことではなくて、
想像の余地を置いていく、という感じ。

トカゲの絵の部屋、おそろしい…。
何が起こっているのかわからないからこそ。

いわゆる「映像美」とは違うような
独特な映像の美しさがあって
うまく言えないんだけど

この監督のほかの映画も気になる!

_________________

4.0/5.0
監督:カルロス・ベルムト
2014年のスペイン映画