画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「アンダーグラウンド」

映画って、自分で選んでみているわけで。
いざ見始めたときにヤバイ映画だったとき、
それを選べた自分のセンスに感服する
本当に幸福だと思う。毎回思うんだけどね。

で、ヤバイ映画って、たいてい最初からヤバくて。
この映画も例に漏れず、最初からヤバイ
(その時点では)謎のおじさん2人が
強烈なブラスバンドを引き連れてやってくるんだもの
そしたら次はどうやって撮ったの!?な動物の数々。
そして落ちてくる爆弾。

戦争のお話なんだけど、ずっと喜劇。でも悲惨。
とにかくほとんどずっとブラスバンドが狂奏していて
それに合わせて登場人物も狂演している
その圧巻たること。どうしたらこんな映像が撮れるのか…。

私は本当に歴史に疎くて、しかも世界地図にも疎くて、
ここから物理的に遠い地の戦争の話は全くわからないのが
本当に勿体ないなぁ、と思う。地名とかが全然わからない…。
もう少し元気なときに改めて調べてみようと思います。

この映画が撮られた時点ではまだ内線が続いていた?らしくて
こんな風にひっちゃかめっちゃかに、
非現実的な喜劇にでもしないと描けなかったんだろうと思う
それでも描かなければならなかった、
「昔ある所に国があった」と子供たちに伝えるために。

あぁ。

「祖国」とはなんなのか、「国」とはなんなのか。
とても難しくて、いまの私には答えなんかとても出せない。

この映画、ただでさえ3時間あるんだけど
何やら5時間ある完全版があるみたいで
そっちも是非みて補完したい。
そもそもこの監督のほかの映画も気になる。

メインテーマの曲が頭から離れないわ…。

_________________

4.5/5.0
監督:エミール・クストリッツァ
1995年のフランス、ドイツ、ハンガリー映画