画面の向こうの、

観終わったときに書くところ。ネタバレがあったりします。

「女王陛下のお気に入り」

私ってもしかしてドロドロ劇好きじゃない?
いやそんなこと無いと思うんだけど…
少し助長に感じた。

いちおう史実の人物が出てきて、
政治的な話も出てくるけど
別に関係ない、フィクション
そして女同士の戦い
日本の映画やドラマの「大奥」のよう。

とにかくきれい。
無言の、表情で魅せる演技、
それに耐えうる演技力と美貌、或いは醜さ
優雅な音楽が広がりと余裕を感じる。
映画そのものの余裕、というか。

終始衣装のレースに拘りを感じる
きっと制作陣のなかにレースフェチが居たんだわ…
ただ、べつに当時のレースを使っているわけではなく、
衣装のデザインと共に現代的。
台詞の感じも現代的。Fとか言いまくり。

なんかなぁ…もう一悶着欲しいような…
結構あっさりと逆転し、そのまま勝った
でもそれはあくまで女王の僕なだけで
それ以上のし上がれないし、全てを手にした虚しさ。
一方、女王はただ愛が欲しいだけなのに、
利用され、もはや冷たくされ、
それでも、だからこそ、性という愛の欲に勝てない。

兎は性欲の象徴。
踏み潰して勝ったつもりになっていても
女王には勝てない、逆らえない。

人間勝ち負けだけでは何も満たされない、という話かな
そう考えれば、国外追放になった側の方が、
本当の幸せをいつか掴めるのかもしれない。

_________________

3.4/5.0
監督:ヨルゴス・ランティモス
2018年のアイルランドアメリカ、イギリス映画

「memo」

難しい…映画だ…
コント映画とでも呼ぶべきなのかしら?
コント的な、多分、笑いの場面と、
シリアスな強迫性障害の場面とが、
絡み合いというか、ううん…複雑。

何より私は「笑い」がわからないんだよね。
多分、笑わせようとしてる…みたいな…

日本の映画は、意図せずシュールになってたり、
意図せず説明不足だったりするけど、
たぶん、このシュールさ、語らせ無さって、
計算尽くされた世界観なんだろうなぁ。
強迫性障害の場面だけを真剣にやると、暗くなるから
コントさを突っ込んできているような感じ。

「実体験をもとにしている」というのが、
まゆこの、メモをとるなのか、
おじさんの、手を洗ったりしゃべり続けたい方なのか、
あるいは両方なのかわからないけど、
当人のつらさ、というのがすごく表れてる
だけど、実際に口にだして「こう思ってる」とかは無い。
かつ、環境や過去に対しての説明も無い。
(カウンセリング?行けるなら先生にも相談したら?とか
 親は知ってるの?どう思ってるの?とかは野暮なんだと思う)
ただただ、「本人」にフォーカスが当たっている感じ。
クラスのイジメられっこですら最後には「本人」が出てきてた

ようは、めちゃくちゃ良い映画なんだと思う。
けど好きか?と聞かれると、前半はコント多めで結構苦痛…
だから感想は一行目にもどる。難しい映画だ…。

_________________

3.2/5.0
監督:佐藤二朗
2008年の日本映画

「鳥」

これ…そんなに怖いか…?
いろいろなところで目にしていたから、
期待しすぎていたのかも。

そりゃあ、鳥は怖い。まして大群なら、
なにも持っていないと為す術はないでしょう。
でも、逆に言うと何かなくない?と思ってしまう…。
人間はとてもとても弱いけど、
だからこその強さがある。と思うんだけど…。

だいたい、前半の人間ドラマ部分長すぎない?
それが鳥の襲撃に絡むのかと思ったら、そうでもないし。

映像は、たしかにきれい。きれいというか、不思議?
どうやって撮ったのか…と思えるシーンが多いし、
常に画面映えし続ける主人公。美しい髪。
その美しい、きちっと整えられた髪が乱されるのは良い。

やはり、うまくいえないけど、こういう映画、は
現代の方がきっと映えるよなあ…
アホ映画にもなりかねないけど。
古くで、当時の技術で、やろうと思ったのは、
そして出来ていることはすごい。
_________________

2.8/5.0
監督:アルフレッド・ヒッチコック
1963年のアメリカ映画

「キャロル」

なんかなぁ。

主演ふたりがとにかく美しくて、
どちらも、「そりゃあ惚れるわ」という魅力
それをふんだんに楽しめる映像で、
少し古い時代の衣装や小物が最大限引き出している

けどさ、けどさ、キャロル勝手すぎじゃない?
だめだわー私こういう恋愛モノ…
まぁテレーズが惹かれるのはまだわかるよ
若いゆえに、惹かれ、止められないというか。

キャロルは…なんなの?

子の親権を取られそう、争いが始まる、というときに
逃避行に出よう、それに愛しの女も誘っちゃおうって
まずそこから「はぁ?」って感じ。
まぁ結局は親権は譲って面会権にしてって感じだったけど
正直それも、面会権却下にされても何も言えなくない?
だって普通に不倫じゃない?

いや、わかるよ、そういう見方の映画ではないって。
ふたりの許されない恋というか、雰囲気映画というか、ねぇ。

「まだ同性愛が許されない時代の話」とか書いてる人いるけど
べつにこれそういう話じゃ無いからね。
むしろ時代にしては非難されなさすぎだと思う。

でも別に私が勝手に気にくわないだけで
ゆったりと、感じさせる演出、目線や表情の演技、
本当に良い映画だと思う。
アメリカ映画でこんな繊細さが出せるなんて、ってくらい。笑

恋愛じゃ無い映画、か、
もっとドロドロ一途な愛の映画がみたい…。笑

_________________

3.9/5.0
監督:トッド・ヘインズ
2015年のアメリカ映画

「fear itself」~声&ドッペルゲンガー~

「声(Spooked)」4.0
監督:ブラッド・アンダーソン

こわい…かなしい…
家しか出てこないのに、幻覚表現が本当にこわくて、
監督をみればマシニストの人!そりゃあお手の物…
ストーリーが重厚で、2時間映画のよう…
まぁ実際2時間やるには少し短いんだろうけど
この短い間で(40分ほど)主人公がどういう人物なのか、
何をしてきて、今何をしていて、そして本当のトラウマは何なのか、
そこまで描けるのはすごいと思う…
気持ち悪い怖い幻覚、哀しい結末、
正直このシリーズにしては、非の打ち所がない


ドッペルゲンガー(Chance)」3.2
監督:ジョン・ダール

ドッペルゲンガーと名がついてるけど、
実際には多重人格みたいなオチなのかしら?
たとえば、2時間映画で、
(今回の記事そんな例えばっかり)
こうまで追い詰められる状況がもっと描かれてたら
ラストもっとゾッとするかもしれないけど、
家賃3ヶ月分滞納、しかも彼女は働いてる、くらいじゃ
いまいち背景が薄くて、最初の殺人~2人目までは
なんか馬鹿な男の馬鹿な行動を見させられてる感じ
そして私はそういうのにすごく苛々してしまう…
ほんと、古物商向いてないよ、チャンス。
そう、この話は本当はチャンスという名で、
「ひとりの男」的なニュアンス、意味合いだったのかも。
名前は、英語だとチャンスって名があるのか、
掴みたい絶好のチャンスと掛けてるのか、わからない…。

_________________

「fear itself」~サクリファイス&獣医~

今回は吸血鬼ものと人狼ものっていう
人気なモノの取り扱い。

サクリファイス(The Sacrifice)」2.8
監督:ブレック・アイズナー
旅行先で謎の浮世離れした人に助けられるも
その人が怪しいいつものパターン
と思ったら、確かに彼女らも殺人をするけど
それは化け物(吸血鬼)を鎮めるためだった、みたいな
もうそれ以上でもそれ以下でもない
映像は全体的にきれいだし雰囲気良いのに、
先が読めすぎて緊張感が無いしオチも全て想像通り
というかコレを吸血鬼とするのは、
個人的嗜好としてゆるせない…ただの獣じゃん!笑
ルーマニアとか細かく言ってるのになあ。

「獣医(Something with Bite)」3.5
監督:アーネスト・ディッカーソン
ホラー!な中にこういうコメディタッチなのがあると
一段と映えて楽しい気分でみられる
登場人物のクセの付け方がとってもコミカルで
コミカルな音楽と相まってほんとうに楽しい。
そして地味に気になる物語。
サクリファイスと違ってちゃんとわくわくできる
それでいて、これまた楽しいハッピーエンド
あの夫婦が悪い人じゃなくて本当によかったー!
奥さんと息子と幸せに過ごしてて欲しい。
どうでもいいけど、冒頭のジャムパンのシーン、
シャツにたれたジャムが5パターンくらい違いがあって笑った

_________________

「エンド・オブ・トンネル」

残念ながら、評判ほど面白い!伏線すごい!とは
思えないまま終わったかなぁ
例えば何、って言われると思いつかないけど
これくらいの伏線映画、いくらでもありそう

でも2時間きっちりゆったり使って
丁寧に描かれている感じはとても好感
かと言って無駄なシーンがある訳でもなく。

なんか、どことなく演劇っぽいお話。

ちらちらと言われてるベティとの関係
どうなんだろう…
2年前に付き合いだして喋らなくなった
ってのと辻褄が合わなさすぎな気が。
かといってラストシーンは違和感
うーん。

どっちにせよ、車椅子という設定は
あまり活かされていないのは確か。笑
足が動かない状況で、
トンネルを引き返すのは無理があるのでは、と思ったり。
まぁ、まぁ、いいでしょう…

ちょっと過剰評価な印象
_________________

2.9/5.0
監督:ロドリゴ・グランデ
2016年のスペイン、アルゼンチン映画