画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「飼育」

戦時中の、戦時中ならではの映画、かと思いきや
田舎の、閉鎖的な部落の、押し付け合いと逃げと

言葉がむつかしく、いまいち全部は理解できてないと思う。

「くろんぼ」という言葉はいまは使われなくて
仮にほかの呼び方とか、あるいは同じ人種にしてしまうとか
そういうことでは決して撮れない映画だと思う
呼び名という表面的なことだけじゃなくて、本質

「全部あのくろんぼのせいにしてしまえ」
そして死後「全てなかったことにしてしまえ」

ほんとうに、恐ろしく、
身近には、現代の日本にはもう無い精神だと錯覚してしまう
けど、きっといまでもどこかの田舎はこうだし
会社単位でもきっとこういう人がいるんだろうと思う

たしかに、戦争の映画なんだろうけど
自分たちと関係ないと思いたく無い映画

リマスター?か何か、そういう技術がうまくいっているのか
時代のわりに映像がきれいで驚き(amazonプライム視聴)

_________________

3.5/5.0
監督:大島渚
1961年の日本映画

「ピクセル」

面白くない、って聞いててよかった。
じゃないと最後までみれなかった

なるべく、なるべく考えないように
いろいろなところに引っかからないように
すべてスルーしてみなきゃいけないタイプの映画

こういう、アメリカンな映画って
当のアメリカ人たちはどうみてるのかしら
ちゃんと笑えたりするわけ?

ゲームのキャラクターたちが現実に現れて襲ってくる
っていう設定はすごく如何様にもできそうなのに…
でもあんまり真面目にホラーっぽくすると
ゲーム会社とかに怒られたりしそうだし
これくらいのポップさが限界なのかなぁ

そもそも私はこのあたりのゲームの世代でも無いし、
私はみないでおくべき映画だって判ってたけど
でもやっぱり気になるし、批判するにもみてからがいいし
あぁでもやっぱりつかれた…笑

_________________

2.7/5.0
監督:クリス・コロンバス
2015年のアメリカ映画

「カリガリ博士」

ちょうど100年前の映画なのね。

モノクロのサイレント映画だから
ちょっと取っ付きづらいけど
モノクロだからこそのゴシックさの引き立ち、
ふつうの殺人ものかと思ったらまさかのオチ
100年経っても人々に守られ公開されるだけのことある…

今、から100年後には
なんの映画が見続けられているのかしら。

とにかくもう一回みたい!

_________________

3.5/5.0
監督:ロベルト・ウイーネ
1919年のドイツ映画

「マジカル・ガール」

パッケージとイメージが全然ちがう…
勝手なイメージでは、魔法少女が殺人しちゃうみたいな
安っぽいホラーだったんだけど、もう全然違う…笑
レビューとかを少しでもみれば違うってわかったものを、
よくも、少しも前情報無しでみれたものだわ。

静かに丁寧に描かれる、バッドエンドもの。
と言えばよくありそうな映画だし
ストーリー自体をざっと書いたとしても
よくありそうな感じなのかもしれない
でも、何があったのか明かされない
明かされないまま終わり、何も残らない

けして説明不足とかそういうことではなくて、
想像の余地を置いていく、という感じ。

トカゲの絵の部屋、おそろしい…。
何が起こっているのかわからないからこそ。

いわゆる「映像美」とは違うような
独特な映像の美しさがあって
うまく言えないんだけど

この監督のほかの映画も気になる!

_________________

4.0/5.0
監督:カルロス・ベルムト
2014年のスペイン映画

「日本のいちばん長い日」

平成から令和になって
あらためて思い正す、
いま日本に戦争がないということ
昭和天皇、英断を下した首相・大臣たち
未練をもった兵士たち
たくさんの英霊たち、犠牲になったひとたち
いま日本に生きるわたしたち。

モノクロの映画は、現代っ子の私には
どうしても遠いところのお話のように感じるけど
これはそれが逆に、映画だって忘れて
実際に録画したものをみているようなリアルさがあって

台詞のひとつひとつ、表情のひとつひとつ、拳の震え
鳥肌がとまらない。

2015年版の方もみているけど、
はっきり言って比べものにならない。
あっちはもっとエンタメ映画に仕上げていて
それはそれで見やすく歴史を知れて良いと思うけど
こういうのこそ、中高の授業で流すべきだと思う…

令和の時代も、どうかこの地に戦争など起こりませんよう。
そしてひとつでも多くの国で争いがなくなりますよう。

_________________

4.5/5.0
監督:岡本喜八
1967年の日本映画

「FEAR ITSELF」二人の男・Xデイ

厳密には映画ではなくて、ドラマオムニバス作品
タイトルの通りホラーものの!

レンタルあるんだ!と思って借りたのに、
明らかに前にも見たことがある…

二人の男(The Sacrifice)/ブレック・アイズナー
面白く、怖い。最悪。最悪が詰まっている。
サイコパスというか、反社会的な性格の人は
自分がそうだから、周りを疑い、
すべてを欲して、一番が良くて、
幸せな家族の中に混ざれてもそれを壊してしまう
かなしい…
パンケーキの隠し味で助かるのかと思ったら
全然そんなことなく最悪なまま終わってしまった

Xデイ(Spooked)/ブラッド・アンダーソン
いまいち。
ゾンビ物なんだけど、無駄に時系列を行き来する
やりたいことはわかるのだけど、
もうすこし大まかな行き来で良いと思う…
で恋愛要素が、まぁこれが本編なんだけど
でもどう考えてもそうだってわかるような内容で
ほんとうにうーん、という感じ。

このシリーズ、あんまり日本情報がなくて
海外wikiをみたら、タイトルが全然ちがう!笑
_________________

「コンスタンティン」

これとサイレントヒルは、
もう何回みてるんだか
本当にわからないくらい

この映画の、最初から最後まで
すべてのシーンがかっこよすぎるし
天使と悪魔の造形もかっこよすぎるし
最後にしか出てこないのに強烈なキャラのサタン
真っ白のスーツ……あぁ、本当にかっこいい。笑

この映画、なんで世間では評価悪いの?
話、テンポ、雰囲気、映像、音楽、キャラクター、ファッション…
文句のつけようが無いと思うんだけど…
この映画に低評価つける人とは
絶対に仲良くなれないと思う…

_________________

5.0/5.0
監督:フランシス・ローレンス
2005年のアメリカ映画