画面の向こうの、

観終わったときに書くところ。ネタバレがあったりします。

「マローボーン家の掟」

鏡をみてはいけない、
天井の染み、物音、
何かがいる気配、おばけ
視線で語る何かへの恐怖
だからって序盤は何か起きるわけでもなく、
それがぞっとして、引き込まれる

美しい田舎の小さな町の、
さらにはずれにある古い家、という雰囲気が良くて、
またその家に住む兄弟たちが心身共に美しくて。

だからこそホラー部分が引き立つ。
本当は何があったのか?という疑問の輪郭がくっきりする。

ジャックのおでこの傷はもちろん、
ジャックを真ん中にして、左右にビリーとジェーン
という立ち位置の口論が2回ほどあったりして、
うっすらと違和感を感じていたら
アリーへ明かされる、「our story」

あぁ、アリー、なんていい子なの!
この時点でも美しい心の持ち主なのに、
結末よ…。棚に置きっぱなしの薬に涙が出ちゃう。

後から思い返せば、
あの台詞もあの台詞もあの台詞も…。

納得いかないだとか、話が読めすぎるとか、
そこに至るまでつまらないとか
話の辻褄があってないだとか、
恋愛パート要らないだとか、
そんなこと言うやつらはナンセンス!
穿ったミステリー好きにはそうかもしれないけど
絶対もっと、広くオススメできる映画。
だいたい、恋愛パートが無いと
この映画成り立たないと思うんだけど。

適度に恐怖を感じて、美しい映像を楽しめて、
物語に引き込まれ、ラストは後味悪くない。

好きだなあ…。

まぁ掟がどうこうを期待してみると駄目かも?
_________________

4.1/5.0
監督:セルヒオ・G・サンチェス
2017年のスペイン映画

「アラジン」

アニメ版の方。
いまさらすぎるけど、改めて、
もう全部いいよね

まず最初の語り
商人の話し中に画面がふっと右に振れて
「ちょちょちょっと待ってよお客さん」という台詞
あぁ私がお客さんなのか、と思わせられ
ぐっと映画に引き込まれる

そこから、アラジンという人物の紹介
ジャスミンという人物の紹介、
ジャファーのもくろみも明かされ、
アラジンに拒否権なく取りに行かされるランプ

そして始まる、名曲「フレンド・ライク・ミー」と
ロビン・ウィリアムズが作り上げた
ハイテンションマシンガントークのランプの魔神ジーニー
そしてそれを完璧に吹き替える山寺宏一

その後の「アリ王子のお通り」も
映像と共に最高で大好きだし
うまく好かれない…と思ったあとに
ホール・ニュー・ワールド」でロマンスに。
普段映画に、なんで好きになるの?ってよく言うけど
これはどちらとも好きになって仕方ないと思う。笑

大人になってからみても、
やっぱりジャスミンはかわいい
で、大人になったいまふと気付いたけど、
「自分が魅力的であるとわかっている女」なんだよね
お姫様だから~とかじゃなくて、本能的な。
目線、仕草、ジャファーへの誘惑シーンも顕著
あぁなんてかわいいの…。
もちろんそれを完璧に描き込んでるスタッフよ。あぁ。

これもいまにして気付いたことだけど、
絨毯で洞窟から逃げ帰るシーン、相当すごいのでは?
マグマ、岩、主観視点、そのスピード感

そしてきれいに終わる物語は、
大人も子どもも安心してみられる

特典に、ジーニーの声真似解説があって笑った。
私の世代でしかもアメリカ文化に詳しくないから
だぁれも分からないけど。笑

続編も久々にみたい!

_________________

4.5/5.0
監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
1992年のディズニー映画

「ブレード・ランナー」ディレクターズカット/最終版

この映画も2019年設定だというので

思っていたより、地味な映画だった!
かっこいいんだけど。地味。
もっとアクションで、バーン!みたいな、笑
そういう派手さのある映画だと…。

でも地味だからこそ映えるというか、
渋みかっこよき?

でもやっぱり主人公は地味かもしれない…笑
いいとこないし。

そもそも主人公がヒロインを好きになる理由付けが薄い
これは完全に私の好みなだけで、
世間一般にはこれくらいでも許されるのかもしれないけど
えーもう早く殺しちゃえばいいのに、ってずっと思ってしまった

主人と一緒にみてたんだけど、曰く、
主役のひとはその格好良くない主人公を根に持って
この映画はあまり好きではないらしい。笑

プリス、雰囲気はかわいいのにメイクが派手すぎる!
髪も謎の爆発あたま…。時代を感じる。笑
あとセバスチャンがいいひとで好き。
生きてて欲しかった…

SF作品はもうしばらくいい!笑
_________________

3.0/5.0
監督:リドリー・スコット
1992年のアメリカ、香港映画
(1982年公開を再編したもの)

「ハウス・ジャック・ビルト」

待望の、レンタル開始
待望すぎて、あぁこんなに楽しみなんだったら
きちんと映画館に行ってみるべきだった
と思っていたけど、(如何せん映画館嫌い)
その感覚はDVD再生開始直後にも表れることに。
「監督の同意を得てカットしています」あぁ…

きっともっとグロシーンが多かったんだと思う
乳房を切り取るシーンが無いのは、
ラースにしては不自然だし
ほかの殺人もなんか薄っぺらい

あぁ…

でもでもやっぱりラースフォントリアーはそのもので
あぁラース様…みたいな感想が最初の殺人までで思わず漏れ。笑
なんなんだろう。質感?台詞?表情?それを写すカメラ?
多分全部なんだろう、その何かや全てがとてつもなく好き
ほかの監督には真似ができないと思う
それは続くストーリーも同じで。

別にインタビュー読んだりしてないし
ほんとのことは知らないけど
でも「ラース流サイコパス殺人鬼コメディ」という感じで
殺される女が馬鹿すぎたり、強迫性障害で大変だったり、
順番通りには仕留められなかったり、
弾が違うせいで冷凍庫で待っててもらったり
全体的に面白おかしく描かれている
…まぁそもそもサイコパス殺人鬼を面白く描こうってのが
ある意味すでに一般受けしないのかもしれないけど。

その面白おかしさをぐっと引き締めるのがヴァージとの対話
ラース映画のこういう部分に対しては
私の持ってる知識が無さ過ぎてかなしいのだけど
アートとは何か、愛とは何か、殺人とは何か…
この辺の対話はいつも通り、監督自身を重ね合わせたり
それに対してまた自分自身で皮肉ってみたり
…ぐっと引き締めつつもやっぱり面白いのかも。笑

家が建ったシーンは感動
その感動が何に対してなのか自分でも不明だけど。

あぁ完全版でもう一度みたい…

ヴァージの本当の立場だとか気持ちがわからないけど
あぁいう行動をするとわかっててあの最下層に来たのかしら
2層上はどんな地獄なのか、ちょっと気になる。笑

どうしても長く、ドラマとかでも良い感じの話ね、
と思っていたらwiki曰くやっぱりもとはそういう構想だったよう。
まぁドラマで長々とやってついてこれる人がどれだけ居るのか、
そっちの方が難しそうではあるのは確か。
だから、ドラマをみるように軽い気持ちでみるのが正しいのかも。
長いけどドッグヴィルとかとはまた違うんだよね

あのメインに置かれる宗教画がどういう意味を持つものなのか、
それだけでもうまく調べたいんだけどなぁ
ラースの映画はいろんな知識があるとより楽しめるモノだから、
私は多分一生、何度も繰り返しみるんだろう。

あの爽快なエンディング曲、音源欲しい!

_________________

4.8/5.0
監督:ラース・フォン・トリアー
2018年のスウェーデンデンマーク、ドイツ、フランス映画

「アキラ」

もはや言うまでもないが、
奇しくも東京オリンピックを控えた2019年
今年中にみれてよかった。

とにかくセンスがすごい。
今でも沢山のひとにリスペクトされている
その理由が挙げるのも億劫なくらいわかる
街、服装、ネオン、落書き、謎の機械、
バイク、レーザー銃、人たちの格好良さ

金田の煽り文句が、
本当にいそうな頭の弱いヤンキー
って感じでとても好き
一方で大佐は、
実際にはいないような強い人で
あぁどちらもカッコイイなぁ。

アキラって何?その力は何なの?
この人たちは誰?等などなど
謎を置き進んでいくタイプの物語だけど
明かされないわけでもなく、
だからって明かされすぎるわけでもなく、
何か大きなメッセージ性があるとかでもなく、
劇中の街は大変なことになっているけど、
ただただ娯楽の映画で、美しい。楽しい。

名作なのはもう間違いなく、
あとはもうツボるかどうかは個人の嗜好性
男の子向け、という感じはするかな

かぐや姫と続けてアニメーションをみてるけど
ほんと、アニメはこうであって欲しい
ぬるぬると動く動く人が描いた独特の動き
いったいどういう苦労で成し得たのか、
もはや想像も追いつかないけど。

まだあと一週間ほど2019年は続くけど、
とりあえずは劇中のような街じゃなくて良かった!

あ、そういえば、
当時の流行りだったんだろうなぁ、な
袖の破れ方だけは気になっちゃって笑っちゃう…笑

_________________

4.7/5.0
監督:大友克洋
1988年の日本映画

「かぐや姫の物語」

つち、くさ、むし、とり、けもの、
めぐる、まわる、いきるということ

ジブリはこの「生」というテーマをよく扱うけど
これがひとつの頂点なのではないだろうか

現代は、便利だけど無機質なものに溢れかえっていて
そのすべてが当たり前ではないということ、
この映画の土や草のにおいが
もう届かない人すら多いのかもしれない。
私はそれが恐ろしい。
天の衣を纏ってしまったわけではない筈なのに。

だからと言って、私自身、この、便利性を手放せもせず、
では何が出来るのか?と問われれば
ただ感謝していただくことしか。

でもそれで良いのだと思う。


日本の四季の美しい色が淡くはっきり描かれていて
かぐや姫の眼に映っている色なんだろうなあと思う
走って逃げるシーンの黒々とした木々、
庭を偽りだと悲しむシーンも黒っぽい。
そう思うと宮中は本当はもっと煌びやかなのかもしれない。

昔々の物語を、うまく現代的要素も取り入れていて
主要キャラ達は少しポップなキャラ付けで、
台詞も今風、見やすく、聞きやすい
でもお歯黒やら名付けやら、きちんと押さえるとこは押さえ
長めの映画なのに集中力途切れずみられた

お金目当ての、ただキャラクターが出るアニメじゃなくて
こういう映画を、きちんと
世界に、日本人こそに、知ってほしい
_________________

5.0/5.0
監督:高畑勲
2013年の日本映画

「ヘレディタリー/継承」

タイトル通りの話、オチ。
そういう意味では読めすぎてまう…
けど、このタイトルだからこその、
「誰に?」「誰が?」という感覚も有り。
娘ちゃんが主かと思ったらすぐに違った…笑
関係無かったのは血の繋がってないお父さんだけだったのかな

日本ホラーの、ずーっと陰鬱とした感じに
海外特有のヒステリックさを持たせた感じ
お母さんの演技がとにかくすごくて
前半は殆ど、ホラー的な怖さではなくて、
母の狂気と陰鬱さって感じ
後半になるにつれ、望んでいるホラー感が増してきて、
ようやくちょっと楽しくなってくる、と思ったら終わり…

ちょっと助長に感じない…?
怖い人には怖いかもしれないけど…
邪教ものなら邪教もので、そっちメインの方が好きかな…
この続編が見たい。
あぁこの感情は「ラストエクソシズム」的。
もっとおばあちゃんとのほのぼのシーンとかみたい…

でもエクソシズムとか出てこないし、
悪魔とか霊とかの、知ってる人しかわからない話じゃ無いから
そういう意味ではホラーに馴染みが無い人にも見やすいのかも。

誰でもすぐに発生させられる、
馴染みのある音を恐怖に使っているのは意地が悪くて好き。笑
_________________

3.5/5.0
監督:アリ・アスター
2018年のアメリカ映画