画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「アンダーグラウンド」

映画って、自分で選んでみているわけで。
いざ見始めたときにヤバイ映画だったとき、
それを選べた自分のセンスに感服する
本当に幸福だと思う。毎回思うんだけどね。

で、ヤバイ映画って、たいてい最初からヤバくて。
この映画も例に漏れず、最初からヤバイ
(その時点では)謎のおじさん2人が
強烈なブラスバンドを引き連れてやってくるんだもの
そしたら次はどうやって撮ったの!?な動物の数々。
そして落ちてくる爆弾。

戦争のお話なんだけど、ずっと喜劇。でも悲惨。
とにかくほとんどずっとブラスバンドが狂奏していて
それに合わせて登場人物も狂演している
その圧巻たること。どうしたらこんな映像が撮れるのか…。

私は本当に歴史に疎くて、しかも世界地図にも疎くて、
ここから物理的に遠い地の戦争の話は全くわからないのが
本当に勿体ないなぁ、と思う。地名とかが全然わからない…。
もう少し元気なときに改めて調べてみようと思います。

この映画が撮られた時点ではまだ内線が続いていた?らしくて
こんな風にひっちゃかめっちゃかに、
非現実的な喜劇にでもしないと描けなかったんだろうと思う
それでも描かなければならなかった、
「昔ある所に国があった」と子供たちに伝えるために。

あぁ。

「祖国」とはなんなのか、「国」とはなんなのか。
とても難しくて、いまの私には答えなんかとても出せない。

この映画、ただでさえ3時間あるんだけど
何やら5時間ある完全版があるみたいで
そっちも是非みて補完したい。
そもそもこの監督のほかの映画も気になる。

メインテーマの曲が頭から離れないわ…。

_________________

4.5/5.0
監督:エミール・クストリッツァ
1995年のフランス、ドイツ、ハンガリー映画

「ネオン・デーモン」

最初はどうしても「ブラックスワン」と比べてたけど
後半に進むにつれ、全然違うお話だったわ。笑

ただ、やりたいようなことがわからなくも無いけど
それにしても急展開すぎるというか。
ふんわりと薫らせておいても良かったのでは?

ジジはもともと整形まみれで、
「本人」とはかけ離れていたんでしょう
それでカメラの前に立つことも何も怖くないけど
サラはカメラの前に立ったときに
「自分じゃ無い」ことに気付いたのかも。
だから吐き出そう、取り出そうとして
ジジは欠片の目玉でさえ取り込もうとした

まぁ、あんな状態で目玉出てこないと思うけど。
大きすぎて食べられないし消化されてそうだし。

そういう意味でも、全体通して映像美。
とにかく映像美を極めたかった映画なんだなぁという感じ

その反面、ジェシーの初撮影のシーン、
カメラの前では金に塗れたヌードのはずなのに、
観客にそれが一切見せられないのはどうかと思う。
役者的にヌードNGだったのかも知れない。
けどあのシーンはどう考えても晒す必要があったと思う
結局どんな写真に仕上がってるのかもまるでわからないし
ほんとうに勿体ないし、興醒め。

タイトルの「ネオンデーモン」というのも消化不良
ルビーのこと?ジジのこと?カメラマン?
それとも本人に棲まう悪魔的な?
どれもなんとなくしっくり来ない。

映像美だけど狂気が足りないのかなぁ。
とにかく何かが足りない。
少しスパイスかけてあげればぐっと良くなりそうだけど
それが何かはわからない。

_________________

3.3/5.0
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
2016年のアメリカ、フランス映画

「イレイザーヘッド」

たしかに、難解なのはわかる。
けど、鬱映画と言われているのには反論。
なんかすっきりした!笑

悪夢をそのまま映像化したみたいな映画

異形の赤ん坊は何なのか、
あの家族は何なのか、
ヒトだとしても怖ろしいし、
人外だとしても怖ろしい
泣き声だけは普通の赤ん坊のような声なのが
また気持ち悪さを増す要因

子供を育てる、という一点でみると
少しは眠りたいと言って夫に任せる妻もあり得るし
いざ自分がつきっきりで子と居ると
気を病んでいく夫というのもあり得るし
意外とストーリーの中核は普通なんじゃないかと思う
表現は普通じゃないし奇形だけど。笑

個人的には好みのアート性では無いかなぁ
嫌いでも無いけど…
白い女の子(?)が歌うシーンは好き

_________________

3.6/5.0
監督:デヴィッド・リンチ
1976年のアメリカ映画

「ドクター・エクソシスト」

めちゃくちゃ面白かったか?と言われるとそうでもないけど
新しいエクソシスト方法に挑戦してたのが好感

憑依されてる者は、されてる間に夢をみていて
主人公が睡眠状態になって脳に侵入し、
夢の中にいる被害者を説得して夢から醒めさせる
夢から醒めると憑依も抜けるけど、
その前に体に触れたりしてしまうと伝染するみたいな感じ

こういう設定が少しずつ説明されていくけど、
もうなんかこう、あぁ、こうなるんだろうなぁ、って。
でもその先が読める、安定した話の作り方も厭では無い。

主人公の、ちょっと潰れてるおじさん的な感じも良いし
助手たちのゴスパンな感じが何より最高だし!
メインで憑依されてる男の子の感じもかわいい

けど、やっぱりなんか物足りない。
あのまま蘇生しないオチの方が
すっきりまとまって良いのかなぁとも思う
だってそもそも救急車に同乗するなら助手じゃない?
この部分だけ、オチが欲しくて書いちゃった話感がある

邦題がちょっとダサいってかズレてて、別に医者では無い。
原題「incarnate」肉体を持つ、人のかたちをした
_________________

3.2/5.0
監督:ブラッド・ペイトン
2016年のアメリカ映画

「その男、凶暴につき」

もうさー、本当にかっこいい
全てがかっこいい

余白がかっこいいんだよな
前も書いたけど、それに耐えられる人たち
歩いているだけでかっこいい
真顔なだけでかっこいい

_________________

「fear itself」~マンイーター&疑惑~

本編と関係ないんだけど、
海外wiki、ようは多分海外放送順と
日本のDVD全然順番が違うのね!
全然ちがう監督名を書いていた…(修正済み)

「マン・イーター(Eater)」3.4
監督:スチュアート・ゴードン
みている時は、この歌耳に残るし怖くて最高
と思っていたけど、いま歌が思い出せない…
でもね最高だった覚えがある。
けど、ストーリー自体はなんかもうちょっと…
短い中だから仕方がないけど、何故ああいう力があるとか
なんで捕まったとか描かれて欲しかった…
逆に言うと、もっと長くみたいと思える殺人犯
対抗の仕方がもうちょっと派手だと嬉しかった

「疑惑(in Sickness and in Health)」3.9
監督:ジョン・ランディス
これは良い!良いオチすぎる!
反応からするに、妹は兄のことを知ってるってことよね?
じゃないと「じゃあこれは何なのよ!」ってなるはず。
…兄があの電話で早とちりしなければいいけど…。
神父さんは耳が遠い、っていうのも生かされてる感じでなお良い。
けど若干助長さも感じてしまうのが残念

_________________

「アンフェア the answer」

続きものは続けてみたくなるのが私の性分。

えーと…どんな話だっけ…
wikiをみたくなる映画。笑

ネイルガンの話ね!
これさ、最初から雪平かせめて元夫狙えばよくない??
やっかいなお荷物たちも一緒に処分したのかもしれないけど
そんなわかりやすいようなヒント与えなくても…
とか思ってしまうのはサスペンス慣れしてないから?

それであのネイルガンのヤツの、
監禁場所の、「イメージ像」な感じ…
「ホラー映画でよくある場所」をつくりました。
みたいな場所なの、どうかと思うわ

けどそのネイルガンの犯人と手を組んで
ラスボス的なヤツを追い詰めたのは
ちょっとだけ面白かったかな

_________________

2.7/5.0
監督:佐藤嗣麻子
2011年の日本映画