画面の向こうの、

観終わったときに書くところ。ネタバレがあったりします。

「塔の上のラプンツェル」

あぁ…あなたが好きよ、ゴーテル
意地悪で美意識高く、自分の望みに忠実

この人のもとで生きてきて、ラプンツェル
よくあんなに朗らかな良い子に育ったものよね!

でも、王妃と国王(の子の)ために花の力を使うことも、
ゴーテルが美と生を保つために使うことも
そう変わりないと思う…
結局国の人たちだって掘り出して独り占めしてるんだし。

でもでも、やっぱり
CGをうまく活かした、髪の毛、水、草、
そして灯籠のシーンはやはりきれい。

なんか、ふつうに好き、な映画だなぁ。

_________________

再視聴映画

「美女と野獣」

幼い頃から何度もみてきたこの映画
テレビでやるってことで
珍しくまぁそれもよいかと。

オープニングから、最後まで
楽しくずっと忘れない音楽、
すべての、魅力的なキャラクター
テレビでいう「不屈の名作」は何故だか陳腐な気がするけど
でもやっぱりそうとしか言えない…

ワンシーンごとに景色や風景、心模様が変わっていくのが
ページを捲っていく、絵本のよう

ただ、ベルが風変わりな子だと紹介する「朝の風景」で
唐突に「誰と結ばれる」という歌詞が出てくるのが
幼い時から引っかかる…
そういう変わった子は誰と結ばれるかなんて興味無いのだわって。
まぁ、ディズニーだし、愛が核心の物語だし、しょうがないけど。

_________________

5.0/5.0
監督:ゲイリー・トルースデール、カーク・ワイズ
1991年のディズニー映画

「ジョン・ウィック」

これぞ良い中二病
深い物語なんて無くて良いのだ。
妻からの最後のプレゼントを殺され、奪われて
その復讐に組織をぼこぼこにする。

というかあの状況で犬を贈るっていう奥さん
素敵すぎてすごすぎる
どんなに愛し愛されてたのか、考えると泣ける

それはともかく。

物語の冒頭、そこのボスが御丁寧に
主人公がどれだけ強かったか、ヤバイ奴なのか
語るシーンがあるのがよい。笑
さっと出てくる清掃人たち、謎のホテル、会員クラブ
そしてラストは何も持たない者同士での一騎討ち。
音楽もマンソンだったりしてかっこよいし、
あぁこれぞ中二病…!

ド派手なガンアクション、ってよりも
どっちかというと渋い感じなのも良い。
…いやたくさん殺してるし派手か…?

犬を病院から盗んで終わるエンドが綺麗で
あんまり続編がみたい映画じゃないけど
まぁ気が向けば続編もみてもいいかな

関係ないけど、ジョンの親友役がなんかみたことあると思ったら
私のバイブル「アンチクライスト」の彼と同じ人…笑

_________________

3.4/5.0
監督:チャド・スタエルスキ
2014年のアメリカ映画

「バタフライ・ルーム」

久々の映画鑑賞…もはや毎回言ってる気もする。
このごろはずっとERをみていて…。

ほんの少しわかりづらい時系列だけど
何があったのか少しずつ明かされていく感じは好き
ただ要約するとしたらけっこうあっさり…?
我が子の成長を止めたい、子の自我なんかいらない、
美しいままでいてほしい。思い通りに居てほしい。

アリスは成長しても悪女だったことでしょう…。
ジェニーのママの見た目が好き。

ラストはすこし可哀想。
あのときの母の気持ちがわかったのか、
子の自我がショックだったのか、
アンのようにはなりたくないと思ったのか、
そのすべてか。

アンもきっと親からの正常な愛を受けてなかったんだろうな

_________________

3.2/5.0
監督:ジョナサン・ザラントネロ
2012年のイタリア、アメリカ映画

「犬鳴村」

前半は…けっこう、
期待していたよりもかなり、おもしろかったのに。

のに。

ただあのまま面白く終わったとしても、映画として雑さが目につく。
なんかこう、「現実にそんな場面あり得る??」っていう
ホラーパートはもちろんそれでいいんだけど。
例えば、姉弟で気絶して運び込まれて、姉がはっと起きて
いきなり隣のカーテン開けるシーン。
観客には隣に弟が居るのが見えているんだけど、姉からは見えないはず。
違う人のこともあるでしょう…?非常識、現実的じゃない。
もらししながら徘徊するシーンも、服が濡れてないの不自然過ぎるし。
こういう雑さ、非現実的だからこそ現実に戻される感じ、大嫌い。

この雑さは、案の定、物語の中にもあって
えっ結局どういうことだったの??
なんでハッピーエンド風にしているの???

前半は本当に良くて…
じわりじわりと登場させる感じではなくて、
最近流行りの最初から幽霊を見せちゃうパターン
その上で、謎の童謡、何かを隠している父、
視えてしまう姉、母が2人いる少年、とか
なんだろう?どういうことだろう?っていう明らかな伏線が多くて。
それまでは本当に面白くみれていたのよ。
まあぜんぜん回収されなかったけど。

一番の戦犯は、犬女が出てきてからだと思う。

まず、よ。
昔山犬を食べて生活していた、嫌われた村があった
そこに電力会社の人たちがすり寄って行く
仲良くなったところで女たちを閉じ込めて?
女が犬と交わっていると噂を流す??
で村人皆殺しにしてダム建設を進めて村が沈んだ

まぁ呪いとしてはありがちだし、呪いたくもなると思う
結局女を閉じ込めて何をしてたのかさっぱり不明だけど。
犬と交わっているってのは単に噂を流してただけっぽい。はあ…。
でよ、じゃあよ、犬化はなんなのよ??
…いま書いてて気付いたけどもしかして食べてたからとか…?
私たちは魚にも牛にも野菜にもなりませんけど。
説明がなさ過ぎるし絶対要らない。
おそらく制作陣が見せ場だと思い込んでいるマヤの犬化シーン
長すぎるし見せすぎて怖くなくなってくるしもう最悪よ。

だいたい村にいた犬たちがかわいすぎる。全然怖くない。笑
脱線するけどクレジットの犬モデルちゃんにもマヤちゃんが居たわね。笑

でよ、物語の核心は実は血縁問題だった、みたいな話になるけど
まず祖父母の年齢が合わなくない?
祖父はまだ存命なうえ行っててもせいぜい70歳くらい
祖母は、姉が幼い頃(5、6とか?)にもう60歳くらいにみえる
祖母が家の前に居たのを祖父がみたのは6、7歳くらいにみえるのに。

結局父は何をどこまで知っていたの?
母の血筋が村の血筋だ、というのは知っていたんだろうけど
父が生きててどこでそれがわかるというんだろう
しかもなんで結婚したのだろう。結婚後に知ったとしても謎。
あの検視の先生は何者でどこで何を知ったというの?
「次は俺たちの番かもな」ってことはそれまでにも死んだ人がいた?
なぜ?どうして?村に入ったら呪いが発動するんじゃないの?
入ったことがあるなら生きすぎているだろうし。

そもそも、あんな状況で色んなことがあった後で
「赤ちゃん返して」なんて言われたら普通返さない?
自分たちの命が犠牲になったとしても。
「俺たちの子を頼む!」とか言われても
なんであのタイミングで接触してくるわけ?
呪いが解決する方向に導いてくれるのかと思ったら
現実通りの、何も解決しない方向にもっていくし。
っていうかなんで兄と弟は囚われてて無事なの?
さっきまでそういう種の呪いじゃなかったじゃん…

だいたい彼女と兄が撮ったビデオをみつけたら
ふつう最後まで見てみない?
方法がわかった!行ってみよう!って、そんな。

個人的にはこれが一番むかつくんだけど、童謡は結局何なの?
やたらと暗い、呪いを示唆しているような歌詞なのに
なんの、まったくなんの解説もなく終わった…
電力会社の人が広めたのでは?というのを見たけど、
あんな歌で仲良くしようって言ってくる人たち、普通に狂人じゃん

視える少年が同族だった、まではいいけど
ただそれだけすぎて何も関わって来なかった…
っていうか、「村から逃げた女の子供」だとすると
祖母と同世代であるべきはずで、だとすると少年は孫?


何も、何も解決せず、明かされず、
明かされた部分は辻褄がガタガタ

なんだかなぁ。
怖ければ、それだけでホラー映画が成立すると思ってほしくない。
ホラーではなくて、映画を馬鹿にしているんじゃないかと思ってしまう。
それだけならただのクソ映画だといえるんだけど
ホラー部分「だけ」はちゃんと怖いから、余計に腹が立つ。

ありえない高さから飛び降りた彼女、と目が合う
どうみても落下死なのに実は肺に水があって溺死
電話ボックスに閉じ込められて2人が溺死
かと思ったら3人だった
映像的にはシュールなんだけど、病院で夢オチを繰り返すとこも怖い

ホラー部分は好きなだけに、この点数をつけたくないけど、
トータルでみるとやっぱりこの点数を付けざるを得ない。

_________________

1.1/5.0
監督:清水崇
2020年の日本映画

「ジュマンジ」

むかしむかしに見たなぁ
いつか見返したいと思い続けやっと、
軽い映画をさくっと見たくて選択

記憶の片隅にある映像たちが
あぁだからこうなるんだ、
それでここに繋がるんだ、っていう
私にはちょっと珍しい映画の見方に。笑

普段みている映画たちは、
どちらかというとこぢんまりしていて
こういう派手なのみないから、
なんてお金のかけようなの!って。笑
商品棚がドミノ倒しになったり
何かが壊れたり
CG類も、察するに、当時最先端なのかな
蜘蛛だけやたらとチープなのがツボ。百均のおもちゃみたい。

話がうまくすすむための話
都合が良いといえばそれまでだけど
うまくつくってるなぁと…
ふだんどんなけ大衆向けを見てないんだ。笑

今年、いましばらくは
あんまり映画ブームじゃなくて
それでもぽつりぽつりと、見たらここに。

_________________

3.3/5.0
監督:ジョー・ジョンストン
1995年のアメリカ、カナダ映画