画面の向こうの、

観終わったときに書くところ。ネタバレがあったりします。

「アリス」

アリス、残酷、アート、ゴシック、メルヘン、とか
そういうものが好きならばこれをみておくべき、
って思われてそうだと勝手に思い込んでいたものの、笑
なんとなく機会がなく…ようやく初めて視聴

むしろ視聴して、改めて、現代の「アリス」像たちは
この作品の影響を多大に受けている気がする
影響の、影響の…というところまで含めて。

原作の「不思議の国の」と、同じようで、違うようで
全体的にワンフレーズの話のオチ的なものが暗い…のかな
お茶会のオチというか、繰り返され続ける様はゾッとした
芋虫の目を縫って終わる感じとか、暗い
映画全体の終幕も、夢か現か、といった感じで
何ならまたはじめから繰り返して、お茶会のように終わらなさそうな
そんな不安感を呼び起こすような終わり方

そしてやたら針と糸の表現があるなぁと思っていたら
監督の母親が裁縫婦だったらしい

クッキー、靴下、缶詰、裁縫道具、ハサミ、トランプ、積み木
そういう身近なもので出来ているからこそ
恐ろしい感じがあるし、子供が見たらトラウマになりそう。笑

これ以前の、アリスを題材とした作品は
どういったものがあるのか、それとも無いのか…

大人が惚れる、動く絵本、
名作と名高すぎるのも納得

_________________

4.8/5.0
監督:ヤン・シュヴァンクマイエル
1988年のチェコスロバキア映画(で合ってるのかしら…)

「塔の上のラプンツェル」

あぁ…あなたが好きよ、ゴーテル
意地悪で美意識高く、自分の望みに忠実

この人のもとで生きてきて、ラプンツェル
よくあんなに朗らかな良い子に育ったものよね!

でも、王妃と国王(の子の)ために花の力を使うことも、
ゴーテルが美と生を保つために使うことも
そう変わりないと思う…
結局国の人たちだって掘り出して独り占めしてるんだし。

でもでも、やっぱり
CGをうまく活かした、髪の毛、水、草、
そして灯籠のシーンはやはりきれい。

なんか、ふつうに好き、な映画だなぁ。

_________________

再視聴映画

「美女と野獣」

幼い頃から何度もみてきたこの映画
テレビでやるってことで
珍しくまぁそれもよいかと。

オープニングから、最後まで
楽しくずっと忘れない音楽、
すべての、魅力的なキャラクター
テレビでいう「不屈の名作」は何故だか陳腐な気がするけど
でもやっぱりそうとしか言えない…

ワンシーンごとに景色や風景、心模様が変わっていくのが
ページを捲っていく、絵本のよう

ただ、ベルが風変わりな子だと紹介する「朝の風景」で
唐突に「誰と結ばれる」という歌詞が出てくるのが
幼い時から引っかかる…
そういう変わった子は誰と結ばれるかなんて興味無いのだわって。
まぁ、ディズニーだし、愛が核心の物語だし、しょうがないけど。

_________________

5.0/5.0
監督:ゲイリー・トルースデール、カーク・ワイズ
1991年のディズニー映画

「ジョン・ウィック」

これぞ良い中二病
深い物語なんて無くて良いのだ。
妻からの最後のプレゼントを殺され、奪われて
その復讐に組織をぼこぼこにする。

というかあの状況で犬を贈るっていう奥さん
素敵すぎてすごすぎる
どんなに愛し愛されてたのか、考えると泣ける

それはともかく。

物語の冒頭、そこのボスが御丁寧に
主人公がどれだけ強かったか、ヤバイ奴なのか
語るシーンがあるのがよい。笑
さっと出てくる清掃人たち、謎のホテル、会員クラブ
そしてラストは何も持たない者同士での一騎討ち。
音楽もマンソンだったりしてかっこよいし、
あぁこれぞ中二病…!

ド派手なガンアクション、ってよりも
どっちかというと渋い感じなのも良い。
…いやたくさん殺してるし派手か…?

犬を病院から盗んで終わるエンドが綺麗で
あんまり続編がみたい映画じゃないけど
まぁ気が向けば続編もみてもいいかな

関係ないけど、ジョンの親友役がなんかみたことあると思ったら
私のバイブル「アンチクライスト」の彼と同じ人…笑

_________________

3.4/5.0
監督:チャド・スタエルスキ
2014年のアメリカ映画

「バタフライ・ルーム」

久々の映画鑑賞…もはや毎回言ってる気もする。
このごろはずっとERをみていて…。

ほんの少しわかりづらい時系列だけど
何があったのか少しずつ明かされていく感じは好き
ただ要約するとしたらけっこうあっさり…?
我が子の成長を止めたい、子の自我なんかいらない、
美しいままでいてほしい。思い通りに居てほしい。

アリスは成長しても悪女だったことでしょう…。
ジェニーのママの見た目が好き。

ラストはすこし可哀想。
あのときの母の気持ちがわかったのか、
子の自我がショックだったのか、
アンのようにはなりたくないと思ったのか、
そのすべてか。

アンもきっと親からの正常な愛を受けてなかったんだろうな

_________________

3.2/5.0
監督:ジョナサン・ザラントネロ
2012年のイタリア、アメリカ映画