画面の向こうの、

観終わったときに書くところ。ネタバレがあったりします。

「ハウス・ジャック・ビルド」

はやくディスクを買おうと思っていたものの なんだかんだと後回しになっていたところ、 アマゾンプライムに登場! もっとトリアー監督の映画取り扱ってくれないかしら…用事と用事の合間に ちょうど2時間半の隙間が出来たので、視聴もう本当に、非の打ち所が…

「ゴーストランドの惨劇」

アマプラ散策をしていたら、 あの「マーターズ」の監督の映画だと気付いて、即視聴。笑この監督、すごすぎない?物語がどの方向に進むのか、 ある程度進まないと全然わからない。簡単に言ってしまえば、 どちらが現実か?タイプの映画なんだけど 空想と、現…

「劇場版 幼女戦記」

アニメと続きの映画の感想なぞ 全然うまく書ける気はしないのだけど でもせっかくの記録から欠けるのも勿体無いとはいえ、どこから書けばいいのか…幼女戦記は、入りはアニメだったけど その後どちらかというと漫画をじっくり読んで、原作は未読。 とはいえ漫…

「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」

なんて映画なの! エドガー・アラン・ポーが原作とのことで 彼の小説はいくつか読んだけど合わず、 だからこの映画も期待してなかったのに! いかにも私好みの、正常と異常がテーマラムは医師でなく、本当の医師ソルトは投獄されていると明かされる ソルトの…

「グッド・ネイバー」

あぁ…フィクションでよかった……。下らないイタズラの計画、その実行で進む映画だけど 早々に法廷のシーンを入れることで、 少年たちの計画が明るみになったこと、 そして何か重大なことが起こったことがわかって そして少しずつ明かされていく、事件と老人の…

「クロノス」

ギレルモ・デル・トロの初長編監督作品長めの語りで丁寧に語られる「クロノス」 錬金術師が残した永遠の命を与えるモノ、 というあの語りだけでなんてドキドキすること!そしてそれを偶然手にしてしまう善良人、 それを追う金持ち老人と暴力要員の部下 とい…

「もののけ姫」

新年早々、 どうしてもみたくって。終わりと始まり、 生と死新年っぽくない?笑見慣れた序盤は和気藹々とみられるけど 乙事主がたたり神になろうか、という辺りからは 見慣れていてもしんと深く見入ってしまう。今年はどんな映画に出逢えるかしら。____…

「美女と野獣」

クリストフ・ガンズ版。年末に、華やかな、 きれいなファンタジーがみたくて もうこれしかない!とレンタル そして発送日にアマプラに戻ってることに気付くという。笑 まぁいいです、ブルーレイにしたので。どのシーンも、すべて、ロマンチック「大人のため…

「ジェーン・ドゥの解剖」

この映画ほんっと怖い! 気持ち悪いし怖いし、最高ちょっと地味かも?と思って 多分点数が低めだったのかもしれないけど もう一度みたい、と思える映画、 しかもホラーってかなり好きってことじゃない? と思い直し、訂正。死体の美しさ 内蔵の美しさグロさ …

「残酷で異常」

妻を殺した男がその日をループし続けて 最初は何があったのかわからなかった事が徐々に明かされ、 それにつれて男の心境が変化したり、 というまぁよくあるループものという感じ…?どうも、ご都合主義が否めない… 妻メイロンとドリス、なんで出会ってるの? …

「禁じられた遊び」

戦争で親を亡くした少女に 気に入ってもらおうと墓作りするお話本当のお墓や教会から十字架を盗んだりすることが それは本当は悪いことだってわかっていても ポーレットが望むがままにふたりだけの墓地を作ったのに ポーレットはそれを見ることなく孤児院に…

「地獄少女」

思ってたよりもちゃんと「地獄少女」だった…!閻魔あいがちゃんと閻魔あい! 思わず彼女の素の声、話し方を調べてしまった。笑 やはりアニメのものを相当勉強したそう。すごい。 そもそも記者会見とかでは洋風なお顔立ちのようにみえるのに、 映画中ではちゃ…

「ミッドサマー」

いろいろなオカルトを混ぜ合わせて それを白夜という夜を使わない映像で描いた映像美 美術品のひとつひとつの細かさ そういうのはすごく素敵だけど あまりにも評判が良すぎる気がする…まず、長い。 中盤~後半はさすがに楽しめたけど そもそも妹の自死が必要…

「記者たち 衝撃と畏怖の真実」

残酷すぎる事実を元にした映画だけど テンポ良く、実際の映像も交えてわかりやすく、 ただひたすらに記者たちの奮闘する姿がみれて良かった幼い頃に、テレビで 「イラクは悪」という構図をひたすら語っていたことを この映画をみているうちになんとなく思い…

「バイオハザード ザファイナル」

前作までの流れとか、全然覚えてないんだけどみちゃった 全然覚えてないんだけど、それにしても、 前作までの流れガン無視じゃない…?笑とりあえずカッコイイアクション 取って付けた指令 取って付けたタイムリミット 取って付けた裏切り クローンなのか人間…

「死霊館 エンフィールド事件」

死霊館はとてもとても好きだったし、怖かったし 一方でアナベルはぜんぜん記憶に残ってないから これも期待しないでみたけど、ちゃんと怖い! よくよく見ると、タイトルからして系譜として別なのね。関係ないけどシリーズとしていろいろ出ててとても笑った。…

「2重螺旋の恋人」

難解系だ…どこが現でどこが妄想で、 クロエは何に堕ちているのか?もっとこう、 美しい危険な恋、みたいな映画を想像してたら 全然違った。ホラー映画だった。笑たぶん人それぞれ微妙に解釈が変わって、 それでいい映画なんだと思う 監督の中で答えがあるの…

「マーターズ」

すごい、すごい映画だマーターズ Martyrs 殉教 「ギリシャ語で証人を意味する」何を思って、どうして、こんな映画を撮れるのか。 素晴らしいのほか言いようがない。二転三転する、って言葉は私も今まで使ったと思うけど この映画を差し置いてほかの映画に使…

「エミリー・ローズ」

この映画、ふわふわした雰囲気系のホラーだと思っていたら こんな、オカルト裁判モノだとは…。映画はあくまで映画として、多少美化されているようで 現実の判決判決とは違うらしい。 とはいえ、裁判があったこと、 悪魔払い中のテープが公開されたこと、 そ…

「アリス」

アリス、残酷、アート、ゴシック、メルヘン、とか そういうものが好きならばこれをみておくべき、 って思われてそうだと勝手に思い込んでいたものの、笑 なんとなく機会がなく…ようやく初めて視聴むしろ視聴して、改めて、現代の「アリス」像たちは この作品…

「カルト」

もう何も語るべきことは無い・・・かな アマプラに出ていたので視聴何度みても、NEOさまは抜群だし、 それまでの経緯も抜群だし、 親子が実は無関係の他人だというのは 何度みてもこわーい__________________再視聴映画

「残穢ー住んではいけない部屋ー」

ずっと家にいてヒマだからか、 夫が珍しく怖い話や事件にハマっていて それならばこの映画をとオススメ暗く淡々と進んで 気付いた時には引き返せないこわぁい…笑_________________再視聴映画

「塔の上のラプンツェル」

あぁ…あなたが好きよ、ゴーテル 意地悪で美意識高く、自分の望みに忠実この人のもとで生きてきて、ラプンツェルは よくあんなに朗らかな良い子に育ったものよね!でも、王妃と国王(の子の)ために花の力を使うことも、 ゴーテルが美と生を保つために使うこと…

「美女と野獣」

幼い頃から何度もみてきたこの映画 テレビでやるってことで 珍しくまぁそれもよいかと。オープニングから、最後まで 楽しくずっと忘れない音楽、 すべての、魅力的なキャラクター テレビでいう「不屈の名作」は何故だか陳腐な気がするけど でもやっぱりそう…

「ジョン・ウィック」

これぞ良い中二病… 深い物語なんて無くて良いのだ。 妻からの最後のプレゼントを殺され、奪われて その復讐に組織をぼこぼこにする。というかあの状況で犬を贈るっていう奥さん 素敵すぎてすごすぎる どんなに愛し愛されてたのか、考えると泣けるそれはとも…

「バタフライ・ルーム」

久々の映画鑑賞…もはや毎回言ってる気もする。 このごろはずっとERをみていて…。ほんの少しわかりづらい時系列だけど 何があったのか少しずつ明かされていく感じは好き ただ要約するとしたらけっこうあっさり…? 我が子の成長を止めたい、子の自我なんかいら…

「犬鳴村」

前半は…けっこう、 期待していたよりもかなり、おもしろかったのに。のに。ただあのまま面白く終わったとしても、映画として雑さが目につく。 なんかこう、「現実にそんな場面あり得る??」っていう ホラーパートはもちろんそれでいいんだけど。 例えば、姉…

「ジュマンジ」

むかしむかしに見たなぁ いつか見返したいと思い続けやっと、 軽い映画をさくっと見たくて選択記憶の片隅にある映像たちが あぁだからこうなるんだ、 それでここに繋がるんだ、っていう 私にはちょっと珍しい映画の見方に。笑普段みている映画たちは、 どち…

「マローボーン家の掟」

鏡をみてはいけない、 天井の染み、物音、 何かがいる気配、おばけ 視線で語る何かへの恐怖 だからって序盤は何か起きるわけでもなく、 それがぞっとして、引き込まれる美しい田舎の小さな町の、 さらにはずれにある古い家、という雰囲気が良くて、 またその…

「アラジン」

アニメ版の方。 いまさらすぎるけど、改めて、 もう全部いいよねまず最初の語り 商人の話し中に画面がふっと右に振れて 「ちょちょちょっと待ってよお客さん」という台詞 あぁ私がお客さんなのか、と思わせられ ぐっと映画に引き込まれるそこから、アラジン…