画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「Mr.インクレディブル」

これも全く興味無かったんだけど
このディズニーブームに乗じてみてみようと。

家族がスーパーヒーローで、その家族の物語
くらいのイメージしかなくて、
それは間違ってはなかったけど、
風刺がとっても効いてて、しんどい…笑

「私は助けられたくなかった」みたいな理不尽な訴訟、
家族を見ない父、正論で攻撃し続ける母、
請求を突っぱねるのが仕事だと思ってる保険会社…
最初30分くらいは本当になんだかつらい。笑

ハイテク施設と乗り物とかもおもしろいし、
アクションが本格的になり始めてからは
限られた能力でどう切り抜けるのか、
その発想力と表現がとても楽しめる

あと、同じ出来事に対して
それぞれの反応の仕方が全く違ってて面白い
細かくきちっと描かれている

しょせんヒーローものでしょう?
っていう感覚も見終わって尚あるにはあるけど
ディズニーらしい深いメッセージ性も携えていて
うーん、侮ってた!けっこう好きだなぁ

_________________

3.8/5.0
2004年のディズニーピクサー映画
監督:ブラッド・バード