画面の向こうの、

観終わったときに書くところ

「第9地区」

なにこの疲れる映画!
やたらと細かい設定を盛り込もうとし過ぎてて
説明が長すぎる…
それでいて、そんな終わり?

人種差別云々の映画だと言われてて
確かに、自分がもしエイリアン(の立場)だったら、
と考えるとこわいけど…エイリアンは…さすがに…うーん

とにかく場面が変わりすぎて疲れる
もう少しなんとかなったんじゃないの?と思ってしまう
ストーリーが大きい映画に慣れてないせいもあるかも

_________________

2.7/5.0
監督:ニール・ブロンカンプ
2009年のアメリカ、ニュージーランド映画